すっかり秋模様の本棚でした。

なんでも2022年9月9日

kuronaga

投稿者:kuronaga

急遽ヘルプスタッフとして、足を運んだ「鮎喰川コモン」。

今日は、なにやらいつもと様子が違う。


本が、無い。なんと。

 

・・・無くなったわけではなく、
棚に並ぶ本の入れ替え日でした。

思いがけず、初めて立ち会う時間。うれしい。

コモンにある本は大きく分けて2種類。
1つは、鮎喰川コモンの蔵書。こちらは貸し出しも可能とのこと。

そしてもう1つは、県立図書館から借りている本。
2ヶ月に1度入れ替わります。

新しくなった本棚を眺めてみると、

おいしそう…というより、ちょっと怪しげな「きのこ」コーナーがあったり。

秋の訪れを感じさせる本が並んでいたり。

個人的に推している「くまの子ウーフ」も並んでいて、高まりました。熱い

今回は、絵本や児童書、料理本、新書、写真集などなど..
189冊の本が新たに並んでいるそうです。

何気なく本棚を眺めているときに、心くすぐられる本と出会うあの瞬間。
たまらないですよね。

本が好きなひと、ひさしぶりに本を読みたいというひとに届くといいな、
ということで。

鮎喰川コモンの日常でした。

kuronaga

kuronaga

くろなが ゆきの/山口県下関市出身。2022年春から、神山つなぐ公社で「関係づくり」を担当しています。

kuronagaの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください