晩秋のトスカーナ(5)

なんでも2010年12月27日

大南 信也

投稿者:大南 信也

(↑ 晴れていれば、フィレンツェ「百万ユーロ」の夜景が拝めるはずでしたが、残念!でも、これはこれで旅情を感じます。(2010年11月7日18:21CET))

滞在丸三日を過ぎ、時差ボケも解消。今宵はフィレンツェの本命料理を食べるためフィエーゾレに行きます。

しかし、お生憎さまの雨。それも時折激しく!

サンフランチェスコ教会の辺りがぼんやりと幻想的に浮かびます。(2010年11月7日18:28CET)

しばらくの間散策した後、アイリッシュパブで雨宿りと時間待ちすることにしました。

ギネスなんぞで、ぐびりぐびりと喉を潤しながら…。もちろんボクじゃなくて、相棒さんです(笑)。(2010年11月07日18:41CET)

佐藤さんにとっては格好の食前酒。(→ あとで効くろう…?!)

時計が7時半を回ったのを見計らって、予約していた「Ristorante Aurora」に向かいます。

で、まずは飲み物のオーダー。

トスカーナを代表するキャンティワイン。中でも奥深く、贅沢とされているのがキャンティクラシコです。(2010年11月7日19:54CET)

「今日は飲むぞ!」とばかりに佐藤さんが選んだのは、ボトルの首部分に巻かれた黒い雄鶏が誇らしげなキャティクラシコ。

「これ美味いわ!」を連発!(→ あとで効くろう…?!)

娘とボクは・・・

料理の多くにオリーブオイルやチーズが使われている所為でしょうか、これを飲むとすっきりします。(2010年11月07日19:45CET)

「シャンペン」じゃなくて、炭酸入りのミネラルウォーター「フリザンテ」!(→ あとになっても効きません(笑)!)

前菜にサラダなどを食いただいた後、プリモのパスタ。

ポルチーニ茸とハムのフェットチーネ(Fettucine)。ですよね?!少々ピンボケていますが…(笑)。(2010年11月7日20:44CET)

今が旬のポルチーニ茸入り生パスタ。甘い香りと旨味、歯切れのよい食感が堪りません。

そして、ついに真打ち「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」の出番。

威風堂々!ドデンと鎮座した「骨付きフィレンツェ風ステーキ」1キログラム。(2010年11月08日20:51CET)

「ぞうつけないなぁ!」と思わず阿波弁が出てしまいます。(→ 「無駄に大きく不格好」のような意味)

あまりの大きさに(「歯」というか)フォークが立ちません(笑)。ウエイターのお兄さんに切り分けてもらいます。(2010年11月07日20:53CET)

調理法は極めてシンプル。厚さ5cmもある骨付きヒレ肉に岩塩だけをまぶし、炭火でレアに焼いてあります。

余計なソースを使わずに肉本来の味を楽しむ。まさに “Simple” is “best”!(2010年11月7日20:55CET)

外見からは何やこれ?みたいな感じでしたが、実は柔らかくてジューシー!思わず「アッラ!(笑)」という言葉を発してしまいます。
フィレンツェを訪れる際には絶対に外せない一品です。

で、最後はデザートとエスプレッソで締めます。

代表的なイタリアンデザートの一つ「ズコット」(ですよね?!)(2010年11月7日21:47CET)

一方、ワイン一本を空けた佐藤さんは、パブで飲んだビールとの相乗効果もあり・・・

「ワインをまわせ 底まで飲もう あんたが一番 わたしは二番 ドンドン ♪ 」 佐藤さん、絶好調!「あとで効くろう?!」…(笑)。2010年11月7日22:08CET)

と、ノー天気ぶり全開で~~す!

ところで、「いいお酒は残らない」なんて話も聞きますよね。でも、実はそうでもないらしい・・・

ほら!

翌朝、ローマに向かうユーロスターの車中。苦悶に満ち満ちて…(笑)。(2010年11月08日10:08CET)

だから何度も言うたやないっすか。「あとで効くろう?!」って。神山のバッカスさん!

【本日のつぶやき】 ”Always remember that I have taken more out of alcohol than alcohol has taken out of me” は、かのチャーチルが残した言葉。「ワインは飲んでも飲まれるな!」 ね。佐藤さん!(笑)

TO BE CONTINUED…

大南 信也

大南 信也

グリーンバレー理事長。日々「せかいのかみやま」づくりに精励してます。人を強制せず、人に強制されずの自由人。職業?「社会起業家のたまご」としときます。最近の関心事は(西村さんの向こうを張って)「みんなの仕事をつくること」。そして、クリエイティブに過疎化を進める「創造的過疎」。

大南 信也の他の記事をみる

コメント一覧

  • うわ すごい「肉」の量! まさか、1人前ではありませんよね。 イタリアに住むには、 強烈な「胃袋」が、いりそう。

    2010年12月28日 22:42 | ニコライ

  • そうですね。たしかに! 娘と二人だと、量が多すぎて、注文を躊躇います。 ちなみに値段は100グラム5ユーロ程度です。 写真のものだと50ユーロです。 本当においしいです!

    2010年12月28日 23:15 | 大南 信也

  • トップ二枚の写真、美しいですねぇ。 コルシア・デイ•セルヴィ書店に繋がっていきそうな道。 (あ、でもここはフィレンツェでしたね。。) でも一番のベストショットは、最後の写真ですね 眉間の皺が!!(笑)

    2010年12月29日 10:55 | rika

  • 大南さん、 最初の1枚、まるでイタリア語が聞こえてくるような雰囲気のあるショットですね。 Bonito !

    2010年12月29日 16:53 | sasuke

  • rikaさん、 夜霧イタリアも乙なものですし、 酔たん坊のイタリアも粋なものです(笑)。

    2010年12月29日 21:52 | 大南信也

  • sasukeさん、 実はワインを飲んで上機嫌の佐藤さんを トップに据えようかとも考えたのですが、 そうしなくヨカッタです。本当に(笑)。

    2010年12月29日 22:00 | 大南信也

  • イタリアに行って初めて朝食が小食でした。 でも発見したんです、ギネス(黒ビ-ル)の美味しい飲み方。 ビ-ルは常温でグラスを冷やす。 苦味を抑えてクリ-ミ-になります。一度お試しを。 と言うわけで写真よりは、元気にロ-マに向かいました。

    2010年12月31日 20:44 | 佐藤 英雄

  • ビールは冷やしちゃだめ。常温で!とトムさんも言ってますよねぇ。 でも、常温でも冷やしても後で効きますなぁ。飲みすぎると…(笑)

    2010年12月31日 22:50 | 大南信也

  • うわ!佐藤英雄さんが「コメント」書いてる・・・・・・ 日本が「大雪」になるはず。 (し・・・し・・・失礼致しました。) 大南さま。 サトーさんは、“ 寝ていただけ”で、決して、二日酔いではなく、ただ、朝食が少ししか食べられなかった・・・だけ。 と、言ってました。 「朝食(ちょうしょく)」 と 「小食(しょうしょく)」をかけて、 なにかギャグ言ってやろうと思ったらしいけど、 うまくゆかんかったみたい。(笑) 得意の“ 話芸(はなし)”だったら、うまくゆくのにね。アハハ・・。

    2011年1月2日 09:31 | ニコライ

  • そうだったんじゃ・・・!? てっきり前夜のワインのなせる業かと勘違い(笑)。 でも、二日酔いの朝、通り向かいの藤井のおばさんから 「嬉しそうな顔して、なんか英雄さん、エエことあったんで?」 と尋ねられるような顔相しとるさかいになぁ(笑)

    2011年1月2日 11:32 | 大南 信也

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください