シナモンの木の下で

アート2008年10月10日

chan

投稿者:chan

前日まで雨が降り続いていたので、少々気を揉んでおりましたが、当日、10月8日の水曜日はすかんとみごとな秋晴れ。みなさん、日頃の精進がよろしいようで。。。

今日は、カリンのシナモン・カップ(chanが勝手に仮題)制作のハイライト、仕上げの青石貼りの日です。

シナモンの木は、うちの敷地から、50メートルとちょっとの距離。散歩のときにも、いつもまずそこまで歩いていって、上角の集落を眺めおろすシナモンの木の横の小さな広場でカラダほぐしの体操をして、それから本格的に歩き始めるウォーミングアップ・ポイント、ほとんど『庭』のようなところ。
そんなご近所に、また新たなアートな作品が生まれるというのは、ぼくにとっても嬉しいことです。

普段は車も滅多に通らないうちの前の道も、今日はぶんぶんかたかた、なにやかにやと荷物を載せた軽トラが上がったり下がったり、ずいぶん賑やかで、気分は盛り上がります。

今日の作業は、手間が要りそうだったので、事前に応援を現場スタッフ間のメーリングリストで呼びかけてあったのですが、さすが、お金はないけど、チームワークなら任せてよ!のグリーンバレー。サポートスタッフの集まりはいいようです。

ちなみに、この作品については、これまでの下準備として、

1.ユンボで穴掘り
藤本のぶいっつぁん(ユンボオペレーター)、東谷師匠、コットンの森さん

2.鉄筋でセメントの骨づくり
河野のいくっちゃん(左官屋さん)コットンの森さん、佐藤の英雄さん

3.生コンを流して、カップの下地づくり
河野のいくっちゃん(左官屋さん)、コットンの森さん

生コン流し込みの日。なかなかちょっとした『土木作業』でしょ。

カリンから森さん(中央)、いくっちゃん(右)にオランダからのおみやげのプレゼント。なかなか気が利きますねぇ!

の作業の積み上げがあって、今日の仕上げとなったわけです。
ほんと、いつもながら、みなさま、ゴクローさまです。

モルタルを敷いて、青石を並べていく作業は基本的にカリンとパットが行いますが、

いつになく真剣な顔のつよしくんとニコライ氏。よほどセメントが重たかったのでしょうか? いやいや、このおふたり、朝から一日大活躍でありました。

モルタルと砂を合わせて練って運び込んだり、

本業は建設会社経営の大南氏も、20年前の昔に取った杵柄と活躍します。肩書き的には、『本領発揮』というべきなのかもしれませんが、ぼくは、こんなお姿はじめて見ました。。。

モルタルの下慣らしをしたり、、、
『お手伝い』はいろいろとあります。

粟飯原とうさん(中央)も、お茶とお菓子と大量のコテ!を持って駆けつけてくれました。

そして、作業終盤のころには、この大賑わい!

なんだか、ちょっとしたお祭り騒ぎ。たこビンさんもここに箱バン乗り付けて営業すれば、儲かったかも?!?!?

みんながみんな、じっさいの作業をしているわけではありませんが、まあ、それもよきかな。

写真を撮る人、茶々を入れる人、励ましてくれる人、ピンクのシャツを着て電話してる人、、、、

いろんな人のエネルギーが混ざり合わさって、かみやまならではの作品が出来上がっていくのですよね。

この日、シナモンの木の下には、笑い声が絶えませんでした。朗らかな秋の一日でした。

chan

chan

アーティスト・イン・レジデンスのおまけのようなご縁で、嫁と犬一匹とともにの関西方面から神山に移り住んだのは2002年のこと。 最初は、ほんの仮の住まいのつもり。それがいまでは、土地を買って自分で家を建てて、本業(歯医者)からは脱線しつつも、パン屋を開いたり、カフェをやろうとしたり、、、 人生、わからんもんですねぇ。。。 ま、とにかく、日々、神山パワーを全身に浴びながらほくほく暮らしております。

chanの他の記事をみる

コメント一覧

  • チャンさん。ほんと、上手に書くなぁ・・・・。

    2008年10月10日 7:54 PM | ニコライ

  • ニコライさん、 いいやいや、まだまだですわぁ もっとおもしろいものが書けたらいいのだけどねぇ、、、、、

    2008年10月11日 8:52 AM | chan

  • こんにちは。 >いろんな人のエネルギーが混ざり合わさって、 >かみやまなではの作品が出来上がっていくのですよね ほんと、そういう感じ伝わってくるようです。 チャンさんの「お庭」にうまれている、 カリンさんのシナモン・カップ! また遊びに行ける日を楽しみにしてます☆

    2008年10月12日 12:00 PM | tariho

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です