KAIR2010インタビューbyルーさん
*廣田緑さん*

アート2010年10月29日

Art in kamiyama

投稿者:Art in kamiyama

今日は、インドネシアから来町された、廣田緑さんです。Halo!

●KAIRに応募をした動機は何ですか?
あのね、初めてなんですけど、日本でレジデンスを応募したの。何でだろう。本当のことを言った方がいい?(笑)それとも読んでくれる人のために、面白いこと言った方がいい?(笑)
あのね、インドネシアに住んでいたので、日本に帰りたくて、それで最初は応募しました。KAIRに応募したのはこれで2回目なんです。2回目はもう日本に帰ってきていたんだけど、突然町の中で暮らすより、一度田舎でワンクッション置いて、バリから名古屋って、急に田舎から都会なので、間でちょっと日本の田舎に住んでこっちに来るように、とういうので選びました。

●作風を一言で表してください
平和を探す。

●アイディアを生むために、何か特別な方法がありますか?
戦争を含む歴史を、ずっと先の世代のひとにまで考えて欲しいっていう、あの、テーマなんです。

●今までで、一番恐ろしかった出来事は何ですか?
何だろう。覚えていないな。でも多分地震かな。ジョクジャカルタで発生した地震(2006年)。

●一番好きな日本の食べ物は?
伝統食が食べられないから、生魚とか、寿司、納豆も梅干もだめだから、何だろう、日本食。栗??(笑)栗と梨??が大好き。日本食というわけじゃないけど・・

●芸術活動において、一番楽しい事は何ですか?
昔は、アートは自分勝手につくることだった、でも今は思うのは芸術家は人々のために考え、何かを生み出さなければいけないと思う。芸術は、社会にとって意味があるべき。創造=自己中心的では、だめ。

●どんな風に制作行程を進めますか?
その時々で違った工程があるからね。作品やプロジェクトによってでしょ。

●どうやって、芸術への情熱に気づいたのですか?
うーん。はあー。自分からじゃない時もあるよね。映画やテレビを見た後だったり、友達と話をした後だったり・・・説明するのは難しい。

●何か特別な手法/スタイルはありますか?
最近は、おじいちゃんおばあちゃんと話をして作品作りをするのが、特別な方法。

●芸術を、難しいと考えますか?
この質問に答える前に、私の中にはまだ、芸術って何?という疑問があって。私の今のプロジェクトは、本も見てくれたと思うけど、何も創り出してはいないから、人によってはこれは芸術ではないと言うかもしれない。 でも私にとってこれは芸術で。 美術を学んできた中で得た技術と手法を使って、人が芸術と呼ぶようなものを作り出すことは、いつだってできると思う。 芸術家は社会と繋がっていいるべき。ただ絵を描いたり、彫刻をつくって発表するんじゃなくて、私たち芸術家はそれ以上のことをするべき。 私もそれを模索中です。

00006529.jpg

●顔の形の加工ハムのことをどう思いますか?(上記参照)
金太郎飴みたいだね。何で?どういうこと?こういうの?
かわいい。かわいいじゃん。ちょっとアホだけど。アイスクリームだったらいいのにね。

●神山での生活はどうですか?
毎日が楽しい!大好きな猿がいっぱいいるよ!

●KAIRにおいて、緑さんの役目があると思いますか?
KAIRを通して訪れた作家たちは、今も印象深いでしょ。わたしのこの作品も、強い印象を残してくれるといいな。

●もし人間の膝がひっくり返っていたら、椅子はどんな形をしていたと思いますか?
ただもう、寝るだけ。

●どんな仕事をしたことがありますか?また、あなたの芸術活動にどんな関連がありますか?
美大入学を目指している高校生を教えたり、インドネシアでは日本語も教えていたよ。 編集からデザインまで全部自分でして、雑誌もつくったりするし。

●自分の作品について、一番好きでないところはどこですか?
名古屋の美大を卒業したときに、ファイバーグラスをつかって大きな作品をつくったのね。でも今すごく後悔してる。地球に優しくない、何か、ゴミつくっちゃったな、みたいな。好きじゃないというか、後悔している。

●今までもらったなかで、一番酷い助言はなんですか?
あのー・・・・早く結婚しろ。(笑)

●緑さんは、芸術が社会にとってどのくらい重要だと考えますか?
これは私の個人的な意見だけど、芸術家はもっと問題を提議して人々の目を覚まさせるべきだと思う。どんな問題でも。私にとっては、平和。 若い世代のひとたちに戦争がいかに悲惨かということを知ってもらいたい。それが分からなければ、戦争は絶対にあってはならないなんて言えないでしょう。

●一番お気に入りの格好は?
楽なもの。

●一番好きではない芸術家は誰ですか?またそれは何故ですか?
自己中心的なの。自分だけがアーティストだって思っている人。自分が一番優れた芸術家だと思っている人。

●神山を一言で表してください
共生。

●誕生日には何が欲しいですか?(特に深い意味はありませんが・・・・)
インドネシアで長い間生活したから、誕生日プレゼントって受け取ったことが無いんだよね。インドネシアでは自分の誕生日は皆にプレゼントをあげるのが習慣だから!誕生日を知られませんようにって、いつも願ってた(笑)。

●作品を発表するときは、どんな気持ちですか?
うーん、まあ、最初はほっとするんだけど、見に来てくださる方々の反応にもよる・・

●あなたがもし野菜だったとしたら、どんな野菜でしたか?
ええ、どうしよう、栗かなぁ。だって猿の大好物でしょ、そこにいれば猿がいっぱい寄ってきてくれるから!

●弱点はありますか?
無いかな。何だろう、んー、無いかも。それか、嫌なおっさんとか(笑)でもめったにそんなことは無いけど。(笑)

どうもありがとう。Terima kasih banyak.

次回:イグヴァース・ザランスさん

コメント一覧

  • Ruf-san Terima kasih for your interview(^_^). I want to correct just one thins, it was Yogyakarta attacked by earthquake in 2006, not in Jakarta. C U on the 4th at Sake Factory ne! Yoroshiku!

    2010年11月1日 11:09 PM | 廣田緑

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です