アタードさんの池(豪華 食事編)

なんでも2011年5月5日

ニコライ

投稿者:ニコライ

5/2(月)、池の掃除をしている間に、「訓練生」女性軍は、
アタード池の下にある東屋で、昼食の準備です。

00007654.jpg

ゆきこさん、ひとみちゃん、くにちゃん、
なんか 楽しそう・・・♪

00007638.jpg

まず、できあがったのは、「焼きそば」でした。
これ、「なかやまゆきこ」さま「作」です。
“(冷えてても) うまい! ”
旦那の竜ちゃんも、作るの抜群にお上手ですが、
奥様も、輪をかけて、良い腕をお持ちです。
(ピアノもうまいし、いうことございません)(笑)

00007634.jpg

そして、
ありゃ?この手拍子は?

00007632.jpg

エリツィン(えりちゃん)に、「首飾り」をプレゼントしてもらい
永遠の38才(←ここ重要)の誕生日を祝ってもらっている大南さま。
前日が誕生日だったらしいです。

00007633.jpg

下の写真。

00007631.jpg

“ 皆様、今日は、どうもありがとうございます ”
と大南さまが言っているように、見えますが、
皆の表情が、多少、
変な顔をしていませんか・・・?

“あぁ~・・ぁ・・・ ”
皆が“ ハッピー・バースディ ”を歌う前に、
彼 ひとりだけ、先に「焼きそば」を食べてしまっていたのです。

“ どうも すみません・・ ”と
謝(あやま)っているところなの・・・実は。
あはは・・・(爆笑)

次の写真。
皆で、お昼ご飯を食べる・・・ということで、
粟飯原国子さまが、「なます」と「たけのことフキのあえもの」
をいっぱい作ってきてくれていました。

00007637.jpg

ご夫婦ともに、いつも実に良く気配りをしてくださり
「訓練生達」も「私達」も、大変助かっております。(感謝)

00007655.jpg

00007656.jpg

そんな「国子」さまに、訓練生のわたなべ様より、
きれいなペンダントがプレゼントされていました。
(いいセンスです。)

00007636.jpg

ワァー・・・と歓声があがっています。

“なんだ・・?なんだ・・・?この盛り上がりは・・? ”

ピザを作ろうと・・「強力粉」や「イースト菌」をペットボトルに
入れて発酵させていたようなのです。

しかし、開けた時、大爆発したようです。(笑)

00007635.jpg

ピザを焼く場所が、すごいです。

00007630.jpg

「鉄板」の下にそのままです。(笑)

00007629.jpg

でも、味は抜群でした!

00007628.jpg

見るからに美味しそうでしょ!

00007627.jpg

さて豪華料理、第3弾。

00007626.jpg

「青竹 水ようかん」です。
こしあんを竹に詰め、
竹の底を、「ワインのせんぬき」で穴を開けます。

00007625.jpg

そう~れ。綺麗に出てくるでしょ!

ミヤベッチ君が不思議そうな顔で見ています。

00007661.jpg
 

そして、最後の仕上げは、この15㎝の「孟宗竹」に、

00007620.jpg

黄色いペースト状のもの。

00007622.jpg

大作君が持って、

00007621.jpg

青竹の上に、塗ってゆきます。

00007619.jpg

ん?

00007618.jpg

なかなか思うように、竹にひっついてくれません。

00007617.jpg

下にこぼれてるのが多いくらい。

00007616.jpg

ひとみちゃんも奮闘しています。

00007615.jpg

どれどれ、“ 私にやらせなさい・・・!”
“ 近くにあった「銀座プランタン」で見てたんだ・・。”

00007614.jpg

と、
たかはし君が、見ていられないと、出てまいりました。

00007613.jpg

出来ました。
【自家製バームクーヘン 】の誕生です!

00007612.jpg

初めてにしては上出来でした。
構成      :にしわきあや
大道具(竹切り):ニコライ・きしだだいさく
でした。

この後、祁答院さんと山口君は上分の棚田へ「草刈り」に
出かけました。ごくろうさまです。
と言うわけで、新緑のもと、
充実した1日を過ごさせて頂きました。
大変ありがとうございました。

ニコライ

ニコライ

趣味: 真夏の寒中水泳(意味不明) 好きな言葉: プリテンド(pretend) 信条: 「神山」の進化と向上に貢献する。

ニコライの他の記事をみる

コメント一覧

  • 美味しそう〜!?なんかご飯と言うよりか・・・スイーツ系で盛り上がった様ですね? 理事長永遠の38歳ですか、おめでとうございます! 出来たら事前告知して頂けたら、残飯処理に行ったのに〜(笑)

    2011年5月6日 03:06 | 杉本哲男

  • アリスの里帰りの準備に奔走していたのがちょうど38歳の時。 20年後、これほど多くの愚息(?)や愛娘たちから 誕生日を祝ってもらえるなんて、想像だにしませんでした(笑)。

    2011年5月6日 08:20 | 大南 信也

  • 哲ちゃん。 私もこれほど用意してくれてるとは 思わなかったので、あの日は、家から「お弁当」を 持っていっておりました。 そのまま持って帰るわけにもゆかず、 午後5時に、車のなかで食べて、「から」にして帰りました。 これでも結構、家に気ぃ使こうてまんねん。(笑)

    2011年5月6日 22:38 | ニコライ

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください