今日のお客さん しほちゃん from 大阪羽曳野市

なんでも2008年5月30日

chan

投稿者:chan

のまわりについているのは、ヨーグルト

うちの自家製ヨーグルトと神山天然蜂蜜の組み合わせが、ツボにはまったようで、ばくばくといってくれました。

『これ食べたくて、ひとりでバスを乗り継いでやってきた甲斐があったわ!』
というのではなくて、神山への移住を考えているパパ・ママ&バーバと一緒に来てくれたのでした。

神山町の平均年齢もこつんと下がりそうな。。。

しほパパ(ごめんチャ、名前忘れた。。。)は、パン屋さん。

神山でパン屋をやりたい若夫婦がいると、話は聞いていて、パン屋のだいぶん端っこのほうの端くれのchanとしても気になっていたのだけど、今日はじめてご対面。

聞いてみれば、ちゃんと天然酵母系で、石窯派だという。

よいでないの!

人口7千人を割っているような山間部の町に、そんなこだわり系のパン屋が二軒もあってどうすんの?
ってのが、一般的な考え方かもしれないけれど、徳島駅から30分もあれば車でやって来られる神山の立地をポジティブに考えれば、そんな展開もアンガイいいじゃないかとchanは思っているのだ。

これにあと数件、ちゃんとした美味いものを食べさせてくれるところが加わって、『ほんもの食の町』をひとつの軸にしていくのもおもしろいでないの!
人によっては、『食いだおれ系の町』になってしまうかもしれないけど(←ぼくが一番ヤバイかも。。。)、それもそれでいいでないの!

だれかイタメシのいい人来ないかなぁ。。。

chan

chan

アーティスト・イン・レジデンスのおまけのようなご縁で、嫁と犬一匹とともにの関西方面から神山に移り住んだのは2002年のこと。 最初は、ほんの仮の住まいのつもり。それがいまでは、土地を買って自分で家を建てて、本業(歯医者)からは脱線しつつも、パン屋を開いたり、カフェをやろうとしたり、、、 人生、わからんもんですねぇ。。。 ま、とにかく、日々、神山パワーを全身に浴びながらほくほく暮らしております。

chanの他の記事をみる

コメント一覧

  • このこ、可愛い顔しております。 例のパン屋さんやりたいと言っていたご夫婦の子供さんですか? 小さな子は可愛いです。 (最近、おじいさんや、おばあさんが、孫をかわいがる気持ち がわかってきました。自分の加齢と共に強く感じるようになるのかも。)(笑) 改善センターの工藤さんは、この可愛い子供さんと まるっきり反対の可愛いものを、見たというやない。(笑) よくまあ、近くまで行って携帯カメラで、写真まで撮ったこと。 知らぬが仏・・・・ん?ちと違う?ケイコ・・・・まむし怖(お)じず。

    2008年5月31日 01:11 | ニコライ

  •    おお!とうと・ ・パンやさん登場!!  ええでないの・・ 天然酵母に 石窯派 !   打ち合わせどうりだ!!    あなたは パン屋なんてやっている暇はないで!!    あなたは ヒーラーよ!!!    それぞれに天職というものが あるわけで・・  CHANがパン焼いて売るなんて・・俺がカレー作って売るようなもんでね・・・・・・  其れをしないとね!! そうすると自分の中にも気が巡る。。。。 !!!      やっぱこれでないか???!! いろいろしているけど  していないのは そこだけだぞ!!!???

    2008年7月2日 10:39 | KEIJU

  • ぼくは、KEIJUがカレー屋やってくれたら、3日に一回は行くけどね。 ま、山から降りてきて、もうちと近場でやってくれたらの話だけど。。。 ヒーラーねぇ。。。 う〜んんんん なんよ、それ、歯医者ってこと? それとも、もうちと広い意味?  なんだかねぇ、、、、、 そんな技量ないよ 歯医者はもうしんどいし。。。。。

    2008年7月2日 20:26 | chan

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください