出会いと旅立ちin神山

なんでも2011年9月30日

ぐっさん

投稿者:ぐっさん

こんにちわ。農工大のマキタです。
本日も日記を書かせていただきます。

今日の午前中は、
山口さんが関わっていた田んぼを少し見学したのち、
ここぶんハウス(私たちが滞在している場所です)で
山口さんの事務仕事の手伝いをしていました。
事務仕事は地味で面倒ですが、これも重要な仕事。
二人で手分けして頑張りました。

昼食は、大阪から移住してきたというパン屋さんで、
窯で焼いたパンをいただきました。
とてもおいしくて、地元にあったら毎日でも行きたくなるような味でした。
店内の雰囲気も良く、バーとしても経営していけるのではと思ったほどでした。

午後からは、NPO法人グリーンバレーの理事長である大南さんのお話を伺うことができ、
とても密度の濃い時間を過ごすことができました。
地域における雇用創造の話や町内における様々な取り組みについてなど、
多岐にわたるお話をしていただき、非常に参考になりました。
大南さん、本当にありがとうございました。

夜は、もうすぐ神山塾を去る塾生のためのお別れパーティに参加させていただきました。
改めて塾生同士のきずなの強さ、塾生が考えている多様なプランに触れることができ、
有意義な時間を過ごせたのではと思います。
女性の方が多く、緊張しっぱなしの夜でした。
神山塾の皆さま、ありがとうございました。

今日は様々なことを学べた一日であり、また、多くの素晴らしい方々に出会えた一日でもありました。
明日も自分なりに神山という地域に触れ、考えていきたいなと思います。

つづいて、農工大のヤマモトです。
一日の動きは先輩がまとめてくれたので、
僕はピンポイントで感想を書こうと思います。

まず、午前中の事務作業。正直なかなか地道な作業でしたが、
確実にこなさなければならないことには変わりなく、
こうした下支えがあってこそ多くの活動が成り立つんだなと実感しました。

お昼。薪パンさんのパンは食べると自然に笑みがこぼれ、幸せな気分になりました。
神山の自然に囲まれて食べるお昼ご飯は最高でした。

大南さんにはお忙しい中時間を割いて、
貴重なお話を聞かせていただき本当に感謝しています。
自分が築いてきた芯が少なくとも間違ってはいないと分かりました。
これからにどう活かすかは自分次第ですね。

神山塾生の送別会にもお邪魔させていただきました。
皆さん気持ちが若々しくて、見ていると高校時代を思い出して懐かしかったです。
そういう気持ちをいつまでも忘れないことって大事かもしれませんね。

明日は五日間の研修の折り返し。
まだまだたくさんのことを吸収できると楽しみにしています。

コメント一覧

  • 非常に濃い日々を過ごしてもらっているようで、ヨカッタです!

    2011年9月30日 10:02 | 大南 信也

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください