『粟生の森づくり4月号』

手入れ2007年4月8日

大南 信也

投稿者:大南 信也

風に吹かれた桜の花びらがゆらゆらと舞い落ちる中、粟生の森づくりを行いました。(ただし、私は昼食のみの参加でしたが・・・・(笑))

一本千五百円のナルづくりが続きます。もう数十本は製品として出荷できるのではないでしょうか。

00000762.jpg

4月頃になると木々が水を吸い上げ始めるため、皮を剥ぐ作業が格段にはかどります。

ところで、森づくりの結果墓地の周辺がきれいになったというので関係者から寄付があったり、山林所有者からは間伐補助金が提供されたりで、森がどんどんきれいになっていくうえに、感謝され、さらに◎い物(笑)まで・・・・。遣り甲斐がありますねェ。

5月の整備が待ち遠しい気持ちです。もちろん次回は食事だけでなく、実際の作業にも従事したいと思います・・・・(笑)

大南 信也

大南 信也

グリーンバレー理事長。日々「せかいのかみやま」づくりに精励してます。人を強制せず、人に強制されずの自由人。職業?「社会起業家のたまご」としときます。最近の関心事は(西村さんの向こうを張って)「みんなの仕事をつくること」。そして、クリエイティブに過疎化を進める「創造的過疎」。

大南 信也の他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください