2/10(日)「愛・地球博」イベント ご報告

なんでも2013年2月15日

ニコライ

投稿者:ニコライ

 平成24年度「愛・地球博 成果継承発展助成事業」の「森と共に生きる暮らし方」探訪キャラバンというのを、実は、去年4月から、進めて参りました。

「愛・地球博」の理念を継承する、「財団法人 地球産業文化研究所」 様
よりの助成を受け、
今、日本の「
森林」が 荒廃している現状、そして、昔から日本人が育んできた、「森と共に生きる暮らし方」をもう一度見つめ直してみよう。それも、外国人映像作家の目を通して・・・

てなことで、日本各地を取材して、映像に収め、2月10日 (日)
午後1時から午後5時30分まで映像を見ながら、改善センター3階多目的ホールでシンポジウムを開いたのでした。

00010665.jpg

こんな立派な「垂れ幕」も県民活動プラザの鴻野くんのご尽力で出来ました。

00010664.jpg

サテライト・オフィス・コンプレックス前に置いてありました「薪」を、
神山塾生がトラックでわざわざ運び、シンポの雰囲気づくりに一役買って
くれました。

00010663.jpg

この、揃った「薪」。
積んでくれたのは、4期生「田中重人」君たち。

00010662.jpg

4期生のピーちゃんとヨッシー君も良い顔しています。

00010661.jpg

前日2/9(土)の夜7時、スタッフを集め、打ち合わせをしていました。
いいシンポジウムができそうな予感を感じました。
若いちから

00010660.jpg

当日は、朝早くから、委員のトムさんや、荒川さんも、来てくれました。

00010659.jpg

シンポジウムが始まりました。200人くらいだったでしょうか。
全国から来て頂きました。

鳥取大学の家中先生。
かばんの中を見てる場合じゃございません。(笑)

00010658.jpg

司会は、荒川さんが。
東大なんだって・・・徳島ラーメンで有名な「東大」
じゃなくって、小松島の「灯台」でもなくって・・・(笑)
(ご卒業が)

00010657.jpg

ニュージーランド作家で「山形県」へ撮影に行った「ベン・ラッフェル」さんも、スカイプで参加です。

00010656.jpg

沖縄県久高島に撮影に行った、
シンガポールの作家で、ニューヨーク在住の
キルスティン・タンさんは、ビデオメッセージを寄せてくれました。

00010655.jpg

ジョン・チョーさんは、「島根県」へ、行ってくれました。

00010654.jpg

ルーさんは、山梨・長野 へ、

00010653.jpg

フランスのジャン君は「木頭村」へ行ってくれました。

00010652.jpg

映像は、主催者側が言うのも何ですが、めちゃめちゃ良かったと思います。

映像鑑賞の後、「山形県鶴岡市」から、(ベンさんが撮った映像にも出ました)本物の「山伏」星野文紘 大先達 と、民俗学者の「野本寛一」先生の
対談がありました。

00010666.jpg

「星野文紘 大先達」 の 「法螺貝(ほらがい)」で
対談が開始されました。
”山というのは、人間が生まれて来て、最後に帰る所なんだ・・・”
対談:(・・・・中略)

いいお話が聞けて、出席していた人は、大きな「得(とく)」といいますか・・大きな「徳(とく)」を得た気がします。
司会は、長岡 参 さん。

00010650.jpg

シンポの閉会の挨拶は徳島大学の「真田純子」先生。
「田口太郎」先生。写真に写っていなくてすみません。
素晴らしい映像の、元ネタはこのお二人のご紹介による
と言っても過言ではありません。
大変お世話になりました。

00010649.jpg

シンポが終了したのは、午後6時くらいになっていたと思います。

00010648.jpg

午後7時30分より、懇親会を開きました。

00010647.jpg

司会はこれまた、鹿児島経由で来られた、東京の、Greenz.jp編集長の
兼松佳宏様。

00010646.jpg

編集や、撮影補助をしてくれた、神山塾3期生の川口泰吾君、
森の師匠「東谷忠明」さん、佐藤君、橋本さん、火口山君らと、
トークセッションです。

00010645.jpg

料理も3期生の神先(かんざき)くんや、4期生の國本量平くんらが、
いいのを、沢山作ってくれました。

00010644.jpg

撮影するタイミングが悪くてすみません。
(美味しくて、食べるのが先行していまいました)

00010643.jpg

00010642.jpg

最後、手伝ってくれたボランティアの皆さんを呼び出して、
記念写真です。

00010641.jpg

皆、良い顔をしています。

00010639.jpg

私も端っこに少し、入れさせて頂いて・・・と。

山伏「星野文紘 大先達」の影響を受けて、
最後のポーズは・・・【受け給う(うけたもう)】 !!!

ニコライ

ニコライ

趣味: 真夏の寒中水泳(意味不明) 好きな言葉: プリテンド(pretend) 信条: 「神山」の進化と向上に貢献する。

ニコライの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください