山本精一ライブ in神山(7/27)

なんでも2013年7月19日

nanafushi

投稿者:nanafushi

(nanafushi)

はじめまして。七節代表の鴻野祐です。

ぼくが神山に住み始めて丸2年。

7月27日(土)に名西酒造酒蔵にて山本精一さんのライブを主催することになりました。

夕方からのひととき、夏の神山の空気と心地よい音楽をお楽しみください。

●日時:2013. 7. 27 (sat.)  open 16:30 / start 17:00

●場所:神山町 名西酒造酒蔵 (道の駅「温泉の里 神山」裏)
徳島県名西郡神山町神領字上角
※道の駅まで来て頂きますと、案内掲示があります

●料金:1,000円

※ライブ後別会場にて、打ち上げを予定しています。参加希望の方は鴻野までご連絡ください。

●主催・予約・問い合わせ・詳細
徳島:七節-鴻野 祐(こうの ゆう) tel:080-6627-0977 nanafushidesign@gmail.com

香川:ニノミヤケイジ
cage238@softbank.ne.jp http://cage238.jugem.cc/
山本精一

世界的な評価を得ている大阪のオルタナティヴユニットボアダムスに中心メンバーとして1986年 – 2002年まで在籍。現在は、日本の人力トランスバンドのパイオニアROVO、Phewとのミニマル・パンクバンドMOST、ムーンライダースの岡田徹とのポップユニットYA-TO-Iなど、多くのユニットで主に作曲、編曲を担当。
現在に至るまでアヴァンポップの最前衛の一人であるが、いわゆる「アヴァンギャルド」の範疇にいる音楽家ではない。楽器では主にギターのパートを務め、想い出波止場、羅針盤、 PLAYGROUND、PARA、 PSYCHEDELIC JET SETSなど自身がリーダーをつとめるユニットも多数存在する。映画音楽を担当することもあり、『アドレナリンドライブ』(矢口史靖監督/1999年)、『殺し屋1』(三池崇史監督/2001年)、『マインド・ゲーム』(湯浅政明監督/2004年)、『TOKYO LOOP』(オムニバス/2006年)などで知られている 。
文筆家としても活動しており、様々なメディアへの評論、文芸誌等へのエッセイや小説の寄稿も行なっている。雑誌ギターマガジンに連載していたコラムをまとめた書籍がこれまでに2冊発行されている。また、大阪市浪速区のライブハウス「難波ベアーズ」の店長を1987年から現在まで務めており、関西インディーズシーンの重要人物である。アルケミーレコードや非常階段のリーダーとして知られるJOJO広重には、「極めつけな変人」と称される。高校野球、漫画、写真、絵画、骨董収集など多彩な趣味を持つ。(wikipediaより引用)

nanafushi

nanafushi (nanafushi)

furniture designer/artist

nanafushiの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください