粟生の森づくり June ’08

手入れ2008年6月24日

chan

投稿者:chan

前日の天気予報では、日曜日は晴れマークは無し。午後から『強雨』だった。
でも、幹事役のニコライさんは、『やるぞ!』と張り切ってる。

『昨今の日本の荒廃した森林状況に、なんとしても一石を投じて風穴を開け、さわやかな風が大粟山を吹き抜けるように、身を挺してがんばりたい!』

というのではない、ニコライさんのモチーベーションは。

人のこころの中のことだから、ぼくが横からとやかく言うことではないのだけれど、でもやっぱり『雨天強行決行』と『日本の森林荒廃』とのあいだには、相関関係はほとんど無い。断言してもいい。

『じゃあ、雨降ってたら、昼飯はどうする?』
『国ちゃんが焼きそば焼いてくれるらしいから、改善センターの軒先にでも、椅子並べて食べようよ』

炭火の上で厚手の鉄板で焼いた焼きそばは、関西人のぼくにとって、ごくっとつばを飲み込むほど魅力的ではあるけれど、食べることに執着の薄いニコライ氏には、それほど訴求力もない。

今回は、若い女性の参加予定もない。。。

ニコライ氏、なにがあなたをそんなに駆り立てる???

要は、集まりたいのだ。
せっかくの日曜日、いつもの仲間と、おもしろそうだと思って興味津々で参加してくれるニューフェースの人たちと、集まって、こちゃこちゃやりたいのだ。
ついでに、森も元気になってくれたら嬉しいのだ。

単純なものである。うちら、グリーンバレーは。

で、当日。

雨はほとんど降らなかった。
徳島市内では、けっこう降っていたそうだけど、大粟山では、作業するのに支障が出るような雨はなかった。ときどき、陽が差していた。

『せっかく集っとんやったら、ちゃんと山の世話をせい!』

ということだったのかもしれない。

とにかく、良かった。
おかげで楽しい日曜日だった。
午後からは、今週金曜日にライブが予定されているchanTakの会場準備もみんなに来て手伝ってもらえて、見違えるほどはかどって、いいライブがやれそうな気配が漂ってきた。

感謝です

雨のリスクがあっても、外仕事のときは、外で飯を食いたいのです

焼きそば部隊も汗をかきつつがんばりました

本日のメニューは、チームくんちゃんの焼きそば定食  具だくさんの焼きそばをメインに、ハム巻き寿司、キュウリとカニ酢のもの、味噌汁、おにぎり、といつもながら彩り豊富です。

午後からは場所を移して、chanTakでライブ会場の設営準備を手伝っていただきました。初参加の宮本さん、たしかなガタイと豊富な知識で、いきなり第一線で活躍です。

こちらは、『粟生の森づくりの顔』のニコライ氏。いかさまなカラダと姑息な要領でティーブレークの笛を待ちます。こういう状況でカメラ笑顔するかどうかで、仕事への取り組みがだいたいわかるような気がします。

城西高校の先生や生徒さんたちの活躍もあって(写真撮れてませんでした。ごめんなさい)、夕方には、草ぼうぼうの現場状態だったchanTakの敷地も、すっきりしゃっきりいい感じです。

みんなが三々五々帰っていたあと、ぼくと連れ合いはちょっとお出かけしようと降りかけると、うちの敷地の入り口に車が止まって、だれかなにかしています。

レレレのおじさんかと思ったら、あらニコライさんだ。『ちょっと気になるから』と、道に垂れかかっていた栗の木の枝を整理して、さらに草を刈ったあとの始末をしてくれている。

ちょっと感動しかけてカメラを向けたら、こうだ。 まいったなぁ。。。

次回の森づくりは7月27日、日曜日です。

今回お世話になったお返しに、というわけではないけれど、お昼ご飯は、チームchanCafeがこころを入れて、ご用意させていただきます。

chan

chan

アーティスト・イン・レジデンスのおまけのようなご縁で、嫁と犬一匹とともにの関西方面から神山に移り住んだのは2002年のこと。 最初は、ほんの仮の住まいのつもり。それがいまでは、土地を買って自分で家を建てて、本業(歯医者)からは脱線しつつも、パン屋を開いたり、カフェをやろうとしたり、、、 人生、わからんもんですねぇ。。。 ま、とにかく、日々、神山パワーを全身に浴びながらほくほく暮らしております。

chanの他の記事をみる

コメント一覧

  •  本当にほんとうに気持ちが良くってたまりませんね!  神山に住むぞ〜! 近い将来…  そして、神山に住める、神山がいいよと、言ってくれる  自分にならなくっちゃだわっ!  ニコライさん 素敵ね!!

    2008年6月24日 18:48 |  モモ

  • ありがとうございます!モモ様! 励みになります。 良く書いて頂いておりますが、チャンさんの「脚本力」に よるところが大きいと思われます。 下の道路は、大南の大奥様が「神山温泉」に行く時に、いつも通られる道で、会えば必ず “ありがとう!”と言ってくださるので、ついつい、してしまうのです。 ところで、チャンさん所の本棚に、「ミハエル・エンデ」の 童話「モモ」があるのは、知っているのですが、 ひょっとして、「モモ」様のペンネームはここから、採られたのですか?

    2008年6月24日 21:56 | ニコライ

  • 本名なのです てへっ!    「ありがとう」は、すごく力のある言葉ですね  私たち夫婦の大好きな言葉です

    2008年6月24日 22:54 |  モモ

  • モモちゃん、 コメントありがとね ほんま、神山、ええとこよねぇ。。。 待ってるから、神山にやってきて、お好み焼き屋さんやってちょうだいな! お好み焼きでなくても、いいけどね 応援してるよ! ニコライさん、 ロシア人に間違われたり、ひとの本名をペンネームにしたり、名前で忙しいひとですねぇ、あなたはw。 モモさん家族のことは、このブログでも紹介しているので、参考にね http://www.in-kamiyama.jp/diary/602/

    2008年6月24日 23:08 | chan

  • 見させて頂きました。4月3日に書いてくれてて、東京の西村佳哲様も、南さんのことを知ってる・・・って書いてくれています。 世の中“狭(せまー)・・・”ですね。 「モモ」様は本名でしたか。失礼致しました。 3人の元気な、お子様のママさん!これからも よろしくお願い致します。

    2008年6月25日 22:54 | ニコライ

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください