野外ライブにご馳走さま

なんでも2008年6月28日

仁木島 昭

投稿者:仁木島 昭

午後8時になろうかというのにあたりはまだ薄っすらと明るかった。
いつもは静かな大久保の里へあちらこちらから人が集まった。
いつ始まろう開演時間など気にしている人はどこにもいなかった

中嶋恵樹(神山町在住音楽家)が結成している「Halakala(ハラカラ)」が、新築なったchanTakでライブをやると聞き駆けつけた。
Halakala 2008 Tour「月のしづく」
ここで演奏するために作られたかのようなやわらかな曲たちが山々にこだました。
客席はじんわりと埋めつくされ、焚き火や飲み物の用意されたバーを囲む人たちで約百人にもなった。
00000744.jpg

chanさんkokoさんのチャンカフェがここまでライブの似合うスペースになろうとは本人たちも含め誰も考えなかったに違いない。
ふたりとそれを支え今日の準備に汗を流した仲間たちの笑顔がとても清々しかった。
フォークダンスのあやしい二人組にジャックされかけたもののライブは本当に気持ちよく楽しかった。
おやくそくの最後はやはりご馳走たちで埋めつくされ、お腹の中まで癒された。

00000745.jpg
どんなに夜更けようと今宵ばかりは山の神も一緒に楽しんでいる、
そう感じたのは私だけだろうか・・・

仁木島 昭

仁木島 昭

いつの間にか神山スパイラルにはまってしまい、今ではここが世界の中心と信じて疑わない神山人。 神領は上角に移住してきました。 みなさま、よろしくお願いします。 →Webソフト制作efront inc.代表

仁木島 昭の他の記事をみる

コメント一覧

  • あの2人の妖怪は・・・?????    1人は金物屋さんで・・1人は銀行員とか????  金物系の妖怪らしいです・・・・・・・・・・・!!!!  神山にもっと妖怪が増えると われら妖怪連中もうれしいですな!!!!!   ねえ チャンチャンシュタイン?? 

    2008年6月28日 20:20 | KEIJU

  • 何はともあれ・・仁木島さんはじめ。。 ライブに来てくださった皆様 ありがとうございました~~~~!! あのばの空間は最高に気持ちよく・・良い音が出せました! 僕自身も非常に楽しめた時間でした ありがとう!!

    2008年6月28日 22:45 | KEIJU

  • チャンチャンシュタイン???  妖怪??? ま、ええわ、、、 仁木島さん、ありがとね ほんと、サイコーの夜でした 仁木島さんの言うとおり、chanTak、あんなにすてきなライブスペースになるとは、ぼくも予想してなかったです。 自分でも、照明のコントローラーいじりながら、呆然としておりました。 耳、目、肌、、、 カラダとこころに入ってくるものすべてが美して調和されていて、そこにいる人がみな同じ心地よさを共有している感覚があって、、、、 平和でした ライブが終わって帰って行かれるかたの表情が、またみなさんすてきで、、、 神山、いいですねぇ。。。 

    2008年6月29日 00:17 | chan

  •  金物系の妖怪の一人、ニコライです。 昨夜は、「いい音」出ていました。 何より、「ゆったりとした良い雰囲気」が、あのあたり、すべてに、広くゆきわたっていて、良かったです。 余りに気持ちよく、皆が、“ほわ~ん・・・”となりすぎても いけないかな・・・と思い、「ひでお」さんと二人で、相談 して、多少混ぜさせて頂きました。(笑) たくさんの人達においで頂き、大成功だったと思います。 仁木島様も、この「コンサート」のこと、頑張って書いてくれました。 大変ありがとうございました。

    2008年6月29日 00:36 | ニコライ

  • なるほどなるほど、 あの酔っぱらい金物系妖怪ダンサーズにはそんな深い意味があったとは、これは大変失礼申しました。 妖怪への道はまだまだ修行が足らぬようです。 確かにライブの栓を抜くような登場はお見事でした。

    2008年6月29日 01:24 | 仁木島 昭

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください