第2回 薪割りワークショップのお知らせ

なんでも2014年2月28日

shizq

投稿者:shizq

シンプルなバイオマス「薪」を作る。

3月15日(土)2月に引き続き第2回薪割りWSを開催します。

*第1回の様子はこちら


山でねむっている木がエネルギーになる。


建材にならない、利用価値を失った木材を山から下ろし、 汗を流して、斧を使用し薪にしていきます。

お昼は薪でこしらえた温かいお料理をみんなで。

「薪ストーブを使っている。」

「薪風呂がある。」

「薪ボイラーを使う予定だ。」

「薪割りをしたことがない。」

「薪割りが大好き!!」

そんな方に来て頂き、今後薪割りをするきっかけになれば。


木に詳しい師匠たちも呼んでおります。

一緒に汗を流しませんか?

■日時  3月15日(土)9:30〜15:30  ※雨天順延

■集合  山川ハウス ← 変更になりました

     神山町農村環境改善センター 

  (乗り合いで山川ハウスへ移動)

■対象  薪割りの経験がないあなた(女性も是非!)

     汗を流しておいしいご飯を食べたいあなた

  ※安全面考慮の為、

   小学生以下の方は見学のみとさせて頂きます。

■参加費 無料

■昼食  炊き出しを用意します。

■内容  木材搬出、薪割り

■服装  実際に山へ入り、木材の搬出を行います。

     相応の格好での参加をお願い致します。

■持物  軍手(斧、チェーンソーは用意します。)

■お申込 フルネーム・お電話番号を明記の上、

     メールでのお申し込みをお願いします。

     chinami@kinetoscope.jp

■申込締切 3月10日(月)

     ※定員に達し次第締め切らせて頂きます。

■お問い合わせ  kinetoscope 神山サテライト

         088−636−7292 担当:吉沢、江﨑

         chinami@kinetoscope.jp

         お気軽にお問い合わせください。

■主催  NPO法人グリーンバレー [デザインの力で蘇る森の実

shizq

shizq

NPO法人グリーンバレーは、2013年7月神山しずくプロジェクトを立ち上げ、神山の森と鮎喰川の現状をたくさんの人に知って頂くこと、間伐材の新たな利用価値を提案することで、森の再生の一助となる「歯車」を創り、「50年後の水の循環」そのものをデザインしようと考えています。

shizqの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください