環境センターに見学へ行きませんか?

学び2016年11月1日

移住支援センター

投稿者:移住支援センター

こんにちは、移住交流支援センターの伊藤です。
KAIRの展覧会もあと2日となりました(11/3まで)。
そして僕の住む上分地区では、今日がリサイクルプラの収集日でした。

みなさんは日々のゴミの分別、どれくらい頑張れていますか?
燃えるゴミ、ペットボトル、空きカン、空きビン、雑誌、新聞、段ボール。。。その他の不燃物って、何をどう入れたらいいんでしょうね。

家庭で分別され、地区ごとに収集されたゴミは、広野にある神山町環境センターに運搬されるらしいです。だけど環境センターがどういう施設なのか、実際は僕もよくわかっていません。

そこで移住交流支援センターで施設見学を申し込んでみました。せっかくなのでみんなで見学に行って、分別の仕方や集めたゴミの行く末について、あれこれ質問してみませんか?特に町外出身の方は、環境センターのことをあまり知らないと思うので、この機会にぜひ!  

  日程  :11月11日(金)
集合時間:9時30分 (12時ごろ解散予定)
集合場所:農村環境改善センター
 *改善センターから環境センターまでは、町のバスで移動します。
 *阿野在住の方は、広野支所あたりからの乗車もOKです。

参加をご希望される方は、お名前・電話番号・お住いの地域(広野・神領など)を、グリーンバレーの伊藤までご連絡ください
・電話:050-2024-2028(改善センター)

・メール : tomohiro.itou@in-kamiyama.jp

申込〆切は11月7日(月)までです。
たくさんのご参加をお待ちしております。
 

移住支援センター

移住支援センター

物件紹介から交渉、契約、地域への順応支援にいたるトータルサービスを提供。 「こんなところに住みたい」という移住希望者の要望と、「こんな人に来てほしい」という所有者や地域住民の仲介役を果たします。 「これがダメなら、あれはどう?」というような不動産屋さん的な対応はしません。 最適で、最善の組み合わせを実現するため、一件一件に時間をかけます。 家探しには忍耐が必要です。その忍耐力をお持ちかどうかも、マッチングの大きな要素となります。

移住支援センターの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください