「昔話に花が咲く」桜の名所、神山森林公園イルローザの森で、神山の昔の写真を展示中

なんでも2017年4月2日

ともかわ

投稿者:ともかわ

4月1日〜16日(予定)まで、大正期頃の神山を今に伝える貴重な写真群を展示しています。場所は花見客が多く訪れる神山森林公園イルローザの森内、レストハウス「こもれび」です。

展示数は100点ほど。撮影された地区がわかるものは、地区ごとに分けて展示をしています。

これは何をしている写真でしょう?

かっこいい! 大工さんたち?

いいえ、この方々は「曳き師」さんなのだそうです。写真後方に写っている建物を移動する、曳屋(ひきや)をしているところ。昔はこうして建物を移動するのはよくあったことだそうで、ちょっと道路をまたぐのなんて、当たり前だったのだとか。

教えてくれたのは、スキーランドの地中さん。

こうして、昔の写真を展示していると、訪れた方々が口々に思い出を話してくれるんですって。

訪れた方が熱心に写真を見ながら、昔のことを教えてくれています。ぽつりぽつりと、それでも15分以上はあれやこれやお話をされていました。

展示期間中、レストハウス「こもれび」では、地中さんがつくる美味しい山菜うどんも楽しめます。

つくしの天ぷらと桜の塩漬けで、うどんも春の装いでした。

今年は桜の開花がずいぶんと遅い神山。神山森林公園の桜の見ごろは来週末、4月8日(土)と9日(日)ごろが予想されています。

満開の桜とともに、ぜひ神山の昔の写真も楽しんでください。

こちらは、ソメイヨシノよりも一足早く咲く、明王寺のしだれ桜。

神山森林公園の景色も、もう間もなくこんなピンク色に染まります。

ともかわ

ともかわ

神山つなぐ公社の「つたえる」担当です。山暮らし初心者。どなたか、野菜と雑草の見分け方を教えてください。 Facebookはこちら

ともかわの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください