エリちゃんの、セーターのお直し

なんでも2018年2月17日

西村 佳哲

投稿者:西村 佳哲

エリちゃんが、糸仕事が好きで得意だって、みんな知ってますかね。
私はチーノ農園の談話室でそれを知った。彼女がつくったなにか(布のようなもの)を見る機会があって、なんかいいなと思っていたのだ。

で、昨年の秋口、冬物のセーターをひろげながら「虫喰い穴」の多さにめげていたのだけど(自分が悪い。ちゃんと洗濯せずこっそり畳んでいたりするからですね)、そのときエリちゃんのことを思い出した。彼女に「お直し」を頼めるかも。

その後2回にわけて、計5着、直してもらいました。:-)
おかげで着るものが多く、暖かい冬だった。彼女の仕事の良さを全世界に伝えたい気持ちがあります。

「挑戦しがいのある穴」と言わせた大物。いい具合に綴じている。

裏返しても、もうわからない。

指差してるけど(右)、実はどこだかわかっていない。

「毛糸の撚りがほどけて、繊維で持ち堪えていた編み目の集まりが2箇所ありましたので手を加えました」と連絡をもらったセーターも。
彼女が撮ってくれた、お直し前の写真(↓)。いまはバッチリです。

「ほつれた編目を編み直したりはしましたが、私の作業は、穴が広がらないよう閉じた形に近いです」とエリちゃん。
お直し代も極めて良心的で、この冬は助かった。以上、報告まで。

西村 佳哲

西村 佳哲

にしむら よしあき/1964年 東京生まれ。リビングワールド代表。働き方研究家。神山つなぐ公社 理事。武蔵野美術大学卒。つくる・書く・教える、大きく3つの領域で働く。著書に『自分の仕事をつくる』(晶文社/ちくま文庫)、『増補新版|いま、地方で生きるということ』(ちくま文庫)など。

西村 佳哲の他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください