石積みワークショップ(2日目)ご報告と仮面舞踏会

神山日記帳2018年4月3日

ニコライ

投稿者:ニコライ

2018 .4. 1(日) 午前9時、石積みワークショップ(2日目)が始まりました。
昨日、かなり出来たようにに見えても まだまだです。
 


上から見た 作業風景。

作業中ふと見上げると、「黄色い旗」を持った人達が、通っております。
そう 4/1(日)は「上分菜の花祭り」。
沢山の方が、「菜の花畑」を訪れていました。

おお これは、今回の「石積みワークショップ」の 主催者の一人、アッキーさん。


満面の笑み。
3年間 神山町「地域おこし協力隊」に勤務のあと、
このたび、指定管理 上分公民館の事務局長として ご就任であります。
アッキーさんを雇った トップも優秀な方 ですが、←ここ重要
(いかん、ユンボなしで持ち上げてしまいました)(笑)
事務局長がしっかりしていれば、現場は大丈夫です。
貴方の人柄で皆が応援してくれますよ。
頑張ってください!

さて、
お昼ごはんは、「冷しソーメン」と「おにぎり」、「菜の花のお漬物」であります。

兼村くんが手伝ってくれました。

と云うより、実際に作ってくれたのは、「トモス」の「のぞみ」ちゃん。

お昼ごはん 風景。


「真淵」師匠のアップであります。
「年輪」がきざまれた、男の良い顔でございます。
満80才ですよ

かたや、「真淵さん」を雇っている、社長の森下様。

良い笑顔でございます。
休みなのに 二日とも、来て頂き、見守って頂きました。
いい社長さんというのは、
やはり、「従業員」や「現場」を大事に致します。


おお、これは
東京からこのために、わざわざおいで頂きました、「こいけ」様。
真田先生の研究室にいるそうです。
(真田先生は徳島大学にいた頃、石積みを推奨、今は東京工業大学に勤務)
つながっておりますなぁ・・・

「今年は、人数少なかったけど、出来が良くて、早く仕上がりました」
と師匠の真淵さんから、褒めていただきました。

しげしげと見て 出来栄えに感心する、参加者。
いやいや、司建工の従業員の方二人が、あいだで手伝ってくれたり、
社長の森下さんや真淵師匠がいなかったら
こんなにきれいに早くできなかったことは、承知いたしております。
お世話になりました。
(主催者と違うのにまとめるなぁ・・・・・)(苦笑)


あとかたづけをしている風景。
コンパネを持った3人のすぐ後ろの石垣が、今回補修した場所であります。
人間が 時間をかけて 作ったものは、
こころ を打ちます。

さて、
これで終われば、「石垣の余韻」が残り、良い気持ちで、お開き となるのですが、
そうは、させない現実派の私 (笑)

*************************************************************

4/1「神山あわっ子ホリデー」の後の、夜の「仮面舞踏会」の様子を少し
(長い記事やねぇ・・・)
という声が聞こえそう
すみません。


でへ!
ポーワングさんが作ってくれた「人参スープ」が入った器を持つサトーさん。

次は、 ビールですか。
グビッ!


「あら嫌だ・・・」
大きな目をして、
ぶりっ子してるのは誰ですか?
工藤さんではありますまい。(笑)

神山塾9期卒業生で、上角にいてくれている、
アリスちゃん(上の写真まんなか)も参加してくれました。
いかん、横に
「KAIR」会長でなく、「山口組」会長と違いますの?
と疑われそうな人が写りました。(笑)
撮り直します。

ステージ若草の中では、ダンスが・・・
サトーさんが踊るのは、知ってましたが
ルーさんが踊るのは、初めて見ました。

皆で踊ります。
昔のディスコみたいであります。

カバな行事に参加したのは、こんな連中。


仮面かぶってるから「顔」が見えねぇ・・・・・あはは
(失礼しました)

ニコライ

ニコライ

趣味: 真夏の寒中水泳(意味不明) 好きな言葉: プリテンド(pretend) 信条: 「神山」の進化と向上に貢献する。

ニコライの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください