なんでも2009年2月23日

ニコライ

投稿者:ニコライ

「山姥(やまんば)さんは、美人だった。」のタイトルだったのですが、
(腕が未熟でタイトルがどうしても、うまく入りませんでした。)
あまり良い写真でないのですが、
こんな感じで、お家を拝見させて頂きました。

00002474.jpg

美人山姥(びじん「やまんば)こと、中山様の写真を撮らせていただこうと思っていたのに、撮り忘れました。
そのかわりに、グリーンバレーの若い山姥(やまんば)が載ってしまいました。
すみません。(じ・・・じ・・冗談ですよ。冷や・・。)

00002471.jpg

お家の中も、みどころいっぱいでした。

00002470.jpg

立派な「蘭(らん)」の花。
センスの良さが光ります。

00002469.jpg

なかでも、私が気に入ったのは、中山さんの書斎。床と地面の高低差が
2mくらいあり、下には、椿(つばき)の花や、大きな木があり、その向こうは川。
良い空間です。
こんなところで仕事をしたら、豊かな気持ちになり
自然から、いいものをもらえそうな気がします。

00002473.jpg

もう一度お伺いして、もっとじっくり見させて頂きたい気持ちになりました。
ソーマちゃん。神山に来たら、一緒に押しかけへん?

離れのベッドは、お金をかけた様子はないのですが、
「中国の皇帝」の気分が味わえる不思議なベッドでした。
(・・よく見たらベッドの敷き板が「引き戸のドア」だったという・・。)(笑)
けど「皇帝」の気分になれます。

ニコライ

ニコライ

趣味: 真夏の寒中水泳(意味不明) 好きな言葉: プリテンド(pretend) 信条: 「神山」の進化と向上に貢献する。

ニコライの他の記事をみる

コメント一覧

  • その減らず口の半分でも、カメラの腕に回っていたらなぁ・・・。 やっぱり「天は二物を与えず」つうことですか・・・(笑)

    2009年2月23日 09:39 | 大南 信也

  • ソーマちゃんです。 行きたいです! 何はともあれ、皇帝気分というものを味わってみとうございます。

    2009年2月23日 16:01 | ソーマ

  • おいらも最初、あのベッドを見た時、 “ なかなか、シックで、良い敷き板を敷いているわ・・・。” と思いました。 で、よく見たら、「取っ手」がついていた。(笑) さすがに「出っ張ってる」のではなく、引き戸用の「引っ込んでいる」取っ手でしたが、 “ こういう風にしたら、簡単に、格調高いベッドが出来るのか・・。”と思いました。 ソーマちゃん。実は、おいらも中山さんに会ったのは2回目。 まだまだ、初体験のレベルです。 ソーマちゃんが来るまでに、何かのご奉仕などをして、良い人間関係を築けますよう努力しておきます。

    2009年2月23日 21:59 | ニコライ

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください