お試しハウスの「山川ハウス」を紹介します

住まい2020年3月10日

移住支援センター

投稿者:移住支援センター

2020年3月現在、次期入居者が決まっております。

NPOグリーンバレーが管理するお試しハウス、「山川ハウス」の紹介です。


(↑この写真のほぼ中央に位置しています)

まずはお試しハウスとは何か?

【お試しハウスとは】
神山への移住を検討している方が数ヶ月のおためし的な滞在ができる場所、借りる家が決まった方が改修工事が終わるまでの間生活する場所として活用される。
すみはじめ住宅よりも内装の綺麗さや設備はやや劣るが、リアルな神山生活を体感できると根強い人気を誇っている。家によっては生きる力が養われる。


【-立地-】

清流「鮎喰川」の畔(ほとり)に建っています。川底が見えるほど透き通っています。
周りに民家がないため、聞こえる音は川のせせらぎのみ。
癒やし。

【-トイレ-】
2019年12月にめでたく和式から洋式になりました\(^^)/
便座もしっかり温かいですよ。
コツコツとマイナーアップデートがなされています。

【-設備-】
冷蔵庫や洗濯機、ガスコンロなどの生活に必要な家電は一通りそろっています。

-インターネット環境-
Wi-Fi完備でございます。

ちなみに速度を測ってみました。(神山は各家庭に光回線が敷かれていて、「とても速い」という噂ですが、どうでしょう?)
・・・
・・


下りおよそ40Mbps。そこそこといった感じでしょうか。
動画をみたり、SNSをしたりするのには十分な速度です。

【-畑-】
裏のスペースで家庭菜園程度であれば楽しめます。

-水道-
水道はすべて生活専用です。飲料水として使用はできません(唯一の欠点、、^^;
飲み水を汲んでくるか、購入する必要がございます。

-その他-
玄関の前のスペースは、神山しずくプロジェクトや森づくりで「薪割りワークショップ」が開催される場所でもあります。

(2017年の薪割りワークショップ記事から画像拝借)

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

いろいろ説明をしましたが、、
百聞は一見にしかずということで、バーチャル内覧ツアーにお連れします。(包み隠さず全てオープン!)

入居者さんがいたりすると滅多に中をお見せできない「山川ハウス」。

360度カメラで撮影したバーチャルツアーで、マウスでグリグリしながらお部屋を見れるようにしました。
画面上のオレンジをクリックすると次の部屋に移動できます。
(※ブラウザによっては見れない場合もございます。)

-・-・【基本スペック】-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
所 在 地:神山町神領字北上角
賃貸価格:季節、期間によって変化。お問い合わせください。
床 面 積:58㎡(木造平屋建てスレート葺き)+倉庫
宅地面積:231㎡
田畑面積:敷地の端で家庭菜園程度は可能
標   高:125m
交   通:県道20号線沿い
※ 水道は生活用専用です。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

こちらは8年前(2012年)の紹介記事↓
https://www.in-kamiyama.jp/project/1320/

お試しハウスの利用につきましては、こちらのフォームからお問い合わせください。

移住支援センター

移住支援センター

物件紹介から交渉、契約、地域への順応支援にいたるトータルサービスを提供。 「こんなところに住みたい」という移住希望者の要望と、「こんな人に来てほしい」という所有者や地域住民の仲介役を果たします。 「これがダメなら、あれはどう?」というような不動産屋さん的な対応はしません。 最適で、最善の組み合わせを実現するため、一件一件に時間をかけます。 家探しには忍耐が必要です。その忍耐力をお持ちかどうかも、マッチングの大きな要素となります。

移住支援センターの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください