自己紹介&ワクワク展 参加作家①

なんでも2009年8月7日

紫野

投稿者:紫野

こんにちはー。

今回はとりあえず私の簡単な自己紹介と「なにげない毎日にワクワク展」へ参加する作家さんのひとり、村上武士さんの紹介をしようと思います。

えー。私、宮本紫野と申します。

徳島県海部郡海南町(現海陽町)出身の現在23歳です。

京都造形芸術大学という学校を2年前卒業しました。

美術系の大学を出たものの、自分は今注目のアート作品や有名な作品よりも、近所のおばちゃんの昔話や地元の友達の考えることのほうがおもっしょいと思ってしまうということに気づき、この、ほこらへんにある「おもっしょい」を何か形にできんかいなー。。。

と、なんとなく考えている時に神山のことを知り、あれよあれよという間に上角で展覧会を企画させてもらうことになってしまいました。

地元海陽町を、神山に負けんぐらい元気なおっちゃんおばちゃん、若者、ヨソ者が溢れるおもっしょい町にするお手伝いができたらいいなーと思い、元気の素を探りにちょいちょい神山に潜り込んでスパイ活動に勤しんでいます。

うん。とりあえず自己紹介はこのぐらいにして。

参加作家さん紹介に移りまーす。

00003587.jpg

村上武士さん。

海部郡牟岐町在住。

港町牟岐で漁業を生業とする家に生まれ、現在は福祉施設でパンやお菓子を作っています。ときどきの居眠りはご愛敬。

幼いころから絵を描くのが好きで、現在も時間があれば絵を描いています。

彼の描く対象は、もっぱら彼の日常を囲むものばかり。

大好きなお母さん、お父さん、先生。

いつも見かける鳥たち。

毎朝確認する信号機。

野菜や果物、パンなどの食べ物。

めずらしくもなく、何も特別でない、ありふれた風景たち。00003588.jpg

00003590.jpg

00003593.jpg

でも、彼の眼を通して描き出されたそれらは、

見なれたもののはずなのになんとも新しくキラキラしています。

彼は誰よりも日常を深く愛しとるんちゃうやろか。。

とか、勝手に思い込んでしまいたくなってしまいます。私はね。

彼の絵に初めて出逢ったのは高校生のころでした。

そのころ私は、海南は好きなんやけど刺激が無い同じ毎日がつまらないと感じていました。見飽きた町に見飽きた人達。早く都会に出て、もっとおもっしょい風景やもっとおもっしょい人らに会いたい!!と。

でも彼の絵を見て、

あぁ、私は今まで自分を取り囲む毎日が全然見えとらんかったんやなー。と、自然と感じました。

見とるつもり、知っとるつもりでおっただけやったんや、と。

ほれから自分の身の回りを見直してみたら、あんなにおもんないと思い込んでた毎日が実は“おもろい!!”で満ちとったんですね。

そんなことを教えてくれた絵を描く人。

それが村上武士さんです。

※ 「ワクワク展」の案内記事が、徳島新聞に「商店街が“美術館”に」という見出しで掲載されています。(サイト管理者)

紫野

紫野

ご縁あって神山上角商店街で展覧会の企画をさせてもらうことになったモノです。 徳島県の南の端っこ、海陽町出身です。 海陽町も神山に負けんような元気でおもろい町にしたいと日々妄想中。

紫野の他の記事をみる

コメント一覧

  • 村上さんの絵、素敵だ。 信号、すごいなーと思った。

    2009年8月7日 22:13 | 西村佳哲

  • 自分の表現方法でいいから、感じたことを書いて? と言われても、書けないんだけど、 しいて、書くとすれば “ ん・・・・ん、なんか いいと思う・・・。”

    2009年8月7日 23:21 | ニコライ

  • 一見、ボクにも描けそうで、実は、絶対ムリな絵です。   (小学校の時、図画工作はいつも③だった・・・(笑)) それにしても、紫野さん、流れるような文章です!

    2009年8月9日 20:37 | 大南 信也

  • >西村さん◎ おひさしぶりです。 ありがとうございます!! 自分がみんなに見てもらいたいと思った作品が、他の人も良いと思ってくれるって、やっぱり何回味わってもすごく嬉しいものですね。 現物は、筆圧とかもすごくてもっと見ごたえがあるんですよー。 >ニコライさん◎ 作品を見て感じたことって、言葉ではほとんど表せんもんなんやろうなーと思います。 「なんかいい」とか「なんかスキ」とか。 それで十分なんかも。 >大南さん◎ 絵だけでも十分おもしろいんやけど、武士くんの描く姿も見るともっとすごいです。 全く迷い無く、もくもくと描くんです。 次は何が出てくるんやろーって、ドキドキワクワクします。 文章、、日本語下手っぴなんです。私。 読みづらいと思いますが、、、すいません。笑

    2009年8月10日 16:58 | 紫野

  • 紫野さん、大南さん、展覧会のお手伝いにいくの、楽しみにしてます。本物の神山と、作品たちと会いたいです!

    2009年8月20日 19:33 | いちい

  • いちいさん、 「本物の神山」ですか? このサイトで見える世界と寸分違いません・・・(笑)

    2009年8月21日 11:13 | 大南 信也

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください