鳥だ!飛行機だ!いや、杣径だ!

なんでも2009年9月8日

大南 信也

投稿者:大南 信也

(↑ 元左官の生コン運転手山田久夫さんも加勢。みんな懸命に働いているのに、「どこ吹く風」の変なオジサン!・・・ったく(笑))

「今は昔竹取の翁といふものありけり。野山にまじりて、竹をとりつゝ、萬の事につかひけり・・・」

キャメロン・サポート翁たちが竹取に興じてた(失礼!活躍してた)ちょうどその頃、大粟山の反対側では、安岐理加さんの作品「杣径(そまみち)」設置の基礎コンクリート工事が進んでいました。

直径約3m、厚さ15cmほどの薄っぺらい円柱形。ここにコンクリートを打設します。重量約2.5トン。作品をアンカー止めすれば、どんなに大きな台風にも耐えられる!

春の大風で吹き飛ばされたので、新たな設置場所に選ばれたのは神山温泉を望む 「創造の森」の一角の適地。温泉からこの作品を見上げた人は、こう言うんでしょうなぁ、きっと!

「鳥だ!」「飛行機だ!」「いや、杣径だ!」って。(笑)

さてさて作業は東谷師匠、藤本アニキに、元(?)シビル・エンジニアの私、そして竹取に出向していたニコライさんの四人で進行。型枠を設置し、コンクリートを流し込んでいきます。

生コン車を横付けできないので、こうしてコンクリートを載せたネコ車(一輪車)を押して小運搬。それにしても東谷師匠、何でも易々とやってのける。脱帽ですわ!

一見簡単そうに見えるのは、運転者がコツをつかんでいるからのこと。

例えば、慣れないのがやると、ほれ!

狙った場所に置くというよりも、押してきた惰性で振り移させられるといった感じ。腰付きがなっとらん、腰付きが・・・(笑)一方、藤本アニキはバイブレーターを使って黙々と締め固め作業中。

人が道具をじゃなくて、道具が人を動かしてる・・・(笑)

表面をコテで仕上げた後は、ブルーシートで覆って養生。後は型枠を外せば完了です。

午前9時に始まった作業は、午後3時頃すべて終了しました。後は「杣径」が運ばれてくるのを待つばかり・・・。

「安岐さん、いつ据え付けまっか?」

大南 信也

大南 信也

グリーンバレー理事長。日々「せかいのかみやま」づくりに精励してます。人を強制せず、人に強制されずの自由人。職業?「社会起業家のたまご」としときます。最近の関心事は(西村さんの向こうを張って)「みんなの仕事をつくること」。そして、クリエイティブに過疎化を進める「創造的過疎」。

大南 信也の他の記事をみる

コメント一覧

  • >腰つきがなっておりません・・・・・か? やはり・・・腰の位置が高いですか・・・。 工事を手伝った、あんさんのかっこいい写真もいれておきましょう

    2009年9月9日 23:06 | ニコライ

  • つうか、体がコンクリートに振られてるんだよね。 振られるのは、女性だけにしておけば・・・(笑)

    2009年9月9日 23:19 | 大南 信也

  • よく振られました。 マジメに行けば、イケたかな思うこともありましたが、 君らと、遊ぶほうが、楽しくて、ついついそっちへ行ってしまい、 今思えば、惜しいことをした・・・ というのもあるなぁ。(笑)

    2009年9月10日 23:43 | ニコライ

  • 別腹とも聞くが・・・(笑)

    2009年9月11日 01:56 | 大南 信也

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください