哲学カフェin Kamiyama vol.11のお知らせ

なんでも2021年9月20日

hiroyo

投稿者:hiroyo

みなさんこんにちは。
第11回哲学カフェin Kamiyamaのご案内です。

先月無事いつものみなさまと数名の新しいメンバーとともに第10回を
終えることができました。
最近は高校生がポツポツと来てくれるのが新鮮で嬉しいです。

最近よく感想として聞かせていただくのが、
「参加している方がみんな優しく話を聞いてくれるので
安心して話ができる。聞いてもらっていると感じられて嬉しい。」
というものです。

例えば、哲学カフェのような見ず知らずの人同士が
対話する場で、大切なルールの1つが、
「誰かの意見を否定しない」
ということ。

実は第1回目から、一度もそのルールについて
話したことはありませんが、完璧に守られています。
上記の感想のような心地よさは、
きっと参加してくださるみなさんの
こうした心遣いによるものだと思います。
これからもこのいい雰囲気を大切にしていきたいです。

直前の告知ですが、たまたま都合があった方、
ぜひお越しください。話を強要することもないので、
ニコニコ聞いているだけでも歓迎ですよ。
ご参加お待ちしています。

こんなご時世なので、どうぞマスクの着用と
入り口での消毒等、ご配慮をよろしくお願いします。
原則毎月やっていますので、体調がすぐれない場合は無理をせず
またの機会にいらしてください。

予約や申し込みは不要ですので、思い立ったらぜひどうぞ。

日時:2021年9月26日(日)13:30〜15:00 
場所:農村環境改善センター2階 郷土資料室
予約、申込み:不要、直接会場にお越しください
参加費:無料

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + +
以下、「哲学カフェって何?」という方のために簡単なご紹介です。

「哲学」と書かれているとそれだけで自分とは関係ない!、と思ってしまう方もおられるかもしれませんが難しく考えなくても大丈夫。日常生活の中で気になること、これって一体どうなんだろう?と思うことについて、参加者同士で思うことを言ってみる場です。答えを出すのが目的ではないし、だいたいにして答えのない問いについて話すのが哲学なのでしょう。

—– 哲学カフェって何?

「街中のカフェなど誰もが自由に出入りできる場所で、飲み物を片手に参加者同士で特定のテーマについて話し合う営み」です。(※神山の場合、飲食店での開催ではないので飲み物などはご自由に準備ください)

—– 何をするの?

1992年にパリで始まった哲学カフェは今では世界中に広まっているそうですが、内容は会場によってそれぞれ。この哲学カフェin Kamiyamaでは、その日たまたま関心を持って集まってくれた人たち全員で、生きていく中でふと思うことに意識を傾けたり、意味を考えたり、疑問に思っていることを話したり、その考えをシェアしあっていく時間をつくっていけたらと思っています。

hiroyo

hiroyo

田畑や料理、最近は高校生との暮らしも。 それぞれの人が本当に大切に想うことをきちんと大切にできる毎日が理想で、繋がりや循環が自分の中のキーワード。

hiroyoの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください