「神山のすだち娘プロジェクト」始動

なんでも2021年9月22日

里山 みらい

投稿者:里山 みらい

 

こんにちは!里山みらいの永野(嫁)です。

先日「神山のすだち娘プロジェクト」を
徳島新聞さんに取り上げて頂きました!

 

 

昨年、冷蔵貯蔵すだちの行き先に困り、
SNSなどで呼びかけさせて頂いたのですが
ご注文と共に、たくさんの温かい応援のメッセージを
電話やメール、Instagram、Facebookの
投稿コメント欄に頂きました😪

皆様からの温かいお気持ちに、
何とか、私たちも感謝の気持ちを込めて
手書きのメッセージを添えたい。と思いつつ、
なかなか叶わなかった中、

町内の同じ地区(鬼籠野地区)に事務所を構える
NPO法人 生涯現役応援隊の主催するサロンで
「里山みらいの活動を紹介して欲しい」
との要望を受け、
私たちのすだちへの取り組みを
お話しさせて頂きました。

 

皆様真剣に聞いて下さいました。

その際、あるお願いをしました。

すだちを購入して頂いた方々へ
感謝のお手紙を一筆箋に書いてもらいたい、と。

そして、出来れば、神山で暮らしているからこそ
わかることを添えてほしい、と。

「そういうことなら協力したい。」

「手紙コンクールに応募するくらい
文章を書くのは好き。」

と、心強い有志のお母さん11人が
手を挙げて下さいました💪

サロンに集うお母さんたちは
鬼籠野という神山の中でも
すだち農業発祥の地、
樹齢200年の古木のあるこの土地で、
ご家族が、時にはご自身も、
すだちの栽培に関わって来られました。

近年高齢化が進み、援農者を
他の地域から募っておりますが、
元々は手間替えという、集落ならではの方法で
各家のすだち畑を、おしゃべりしながら
お母さん達が収穫作業をしていました✂️

今は先人たちの切り開いてくれた道、
土台の上で、私たちが活動できていますが、
戦後間もない1950年代、それまで盛んだった
蚕やサツマイモの価格が下落し
このままでは立ち行かなくなる、と、
すだち栽培に舵を切った当初は
今とは全然違った、想像もできないような
多大な苦労があったと思います。

そういった背景から、後日お母さんたちが
書き上げてくださった一筆箋には、
こちらが「参考までに」と提示していた
定型文とは程遠く、

一枚一枚アイディアやユーモア、
オリジナルのレシピに至るまで
すだちへの温かい想いが溢れていました😭


 

神山の巣立ちより
神山のばぁばぁより
神山のハツ子76才
神山のKimiちゃんより
と、かわいらしい署名が続く中、

「神山のすだち娘 みーちゃんより♡」

と書かれた一筆箋に出逢いました。

 


このプロジェクト名が決まった瞬間でした👏

今シーズンの露地すだち発送がスタートしてから
500件以上の個人で注文くださった方
(ギフトや配送先が注文者様と違う場合は、
神山のみっちゃんの手紙が入っていると
誤解を招くので入れてません😌)に
一筆箋を同封し、たくさんの方から

「直筆のお手紙が嬉しい!」
「温かい気持ちになった」
「レシピを試したら美味しかった!」

などの反響を頂いております。

そこで、今後も、
産地 と すだちを購入して下さる方々 との、
心の架け橋となって下さる、
「神山のすだち娘」を募集します。

ぜひこの投稿を見て、お手紙を書いてみたい
と思ってくださった方はご連絡ください!

私たちも神山のゴッドマザー的存在に
声をかけて回りたいと思っています。

ありがたいことに、
たくさんのご注文を頂いており、
今後、全てにお手紙を入れることは
難しいかもしれませんが、

どうぞ「神山のすだち娘プロジェクト」を
暖かく見守って頂けると嬉しいです😌

お母さんたち、ありがとう〜〜〜😭😭

 

—————————————————

「神山のすだち娘プロジェクト」

企画・運営 里山みらい
協力 NPO法人生涯現役応援隊
協力・コーディネート 神山つなぐ公社

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください