コワーキングスペース見学レポート(1_東京編)

なんでも2022年2月2日

神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス

投稿者:神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス

こんにちは。GVコンプレックス担当の後藤です。
東京でコワーキングスペースの見学をしてきたので、レポートです。
見学の目的は、よそのコワーキングスペースがどんな工夫・戦略をとっているか体感すること。
2箇所、訪れました。
(アイキャッチ画像は、東京で食べたパンケーキ(ホットケーキではないらしい)。東京は美味しい甘味が多くて良い。)


3×3 Lab Future(東京都千代田区)

3×3 Lab Futureは大手町のど真ん中にある、コワーキングスペースです。
皇居外苑の森が見える、最高の環境に立地しています。
アクセスも容易で、入れ替わり立ち替わり多くの会員さんが来られていました。


写真忘れましたが、面積175㎡の広いイベントスペースもあり。写真のキッチンはレンタル可能で、イベント用の飲食物も用意できるらしいです。
お酒のイベントなどもされているようで、鉄道網の発達している東京ならではだなあという感想です。


写真ではかろうじて伝わりませんが、環境音が流れています。
僕としてはこれが画期的でした。zoomなどwebミーティングにおいて、音のカーテンの役割をしているようで、実際的にも・気持ち的にも効果のある工夫のようでした。

​ハード面たる施設は最高でしたが、ソフト面たるサービスも大いに勉強になりました。
ネットワークコーディネーターが会員さんを繋ぐことを担当されていました。それぞれの会員さんの仕事や活動を把握され、会員同士の出会いの場面で的確にフォローをされていました。会員さんの活動に参加する機会があれば、一度は行ってみるとのこと。
僕の役割の目指す姿として、大きく感銘を受けました。

3×3 Lab Futureに、最上のワーキングスペースである印象を受けました。
人がたくさん来る、出会いを作る人がいる、にもかかわらず他のスペースとの間に絶妙な距離が設定されていてミーティングも安心してできる。計算し尽くされた設計で、東京で働くならぜひここで働きたいと思わせる場所でした。


100BANCH(東京都渋谷区)
(コワーキングスペースではありません)
100BANCHは「未来をつくる実験区」です。
100年先の社会を描く若者が集い、日々作業をしています。
2021年夏には、神山町でイベントも開催してくださいました。

(周年イベント「ナナナナ祭」 @農村ふれあい公園)

100BANCHは、神山町に”サテライト実験フィールド”を置かれていて、森西ハウス(起業家向けシェアハウス)を拠点とされています。
森西ハウスには僕も住んでいまして、そんなわけで100BANCHはいずれ必ず訪れんと楽しみにしておりました。


(2Fの作業スペース「GARAGE」 入居者同士の交流も見られました)
GARAGEは限定制の利用スペースです。
入居条件はプロジェクトが採択されること。入居期間は3ヶ月。
3ヶ月という短期間でプロジェクトを形にすべく、入居者は熱中して作業をされていました。


(3Fのイベントスペース「LOFT」)

LOFTには本棚が置いてありました。下から2段目の真ん中あたりに… 
見覚えのある背表紙あり。
100BANCHに置かれている本の選書は、作田さんがなさったとお聞きしています。


ご厚意により、参加させていただいた中間報告会です。
採択から1.5ヶ月、プロジェクトの経過について、報告とフィードバックを行うというもの。大学の研究成果報告を思い出しました。楽しい雰囲気です。

100BANCH、「エネルギーの高い場所だなあ」との印象を受けました。
場所の印象はそこにいる人間から受けるものと考えると、入居者に共通した特徴が見られました。
・年齢が若いこと(U35と限定されています)
・自己発信のプロジェクトで、前のめりで事業に向き合っていること
これら特徴によって、いい感じ・いい雰囲気が作られてるんじゃないかなと思います。
人の交流は自然発生に任せているようで、こういうパターンもいいなあという感想です。


旅行などしてこなかったのですが、いろいろ見るのはいいですね。
自らを客観視するには、他がどんななのかを知ることは不可欠なんですね。当然ですが。
竹内ボスのお許しを得て、また見学に行けたらいいな。

神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス

神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス

神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス(KVSOC)は、「成長するオフィス」。閉鎖された元縫製工場(619平方メートル)を改修したコワーキングスペース(共同の仕事場)です。 神山町で新しいビジネスコミュニティを創造して、地域発の先進的なサービスやビジネスを生み出すことを目的としています。そのために、情報技術、デザイン、映像関連等のクリエイティブ産業の集積を図るとともに、起業家やその支援者、地域住民等との交流を通して、新たな価値の創出を目指します。

神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックスの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください