とくしま4K+NEXT 【4K・VR徳島映画祭】in 神山

なんでも2022年11月25日

Avatar photo

投稿者:神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス

神山会場もあります!

今年もとくしま4K映画祭が、本日から始まりました!
メイン会場を徳島市内に移しましたが、
神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックスがサテライト会場として開館。
26日(土)27日(日)の二日間で「神山まるごと高等専門学校イベント」として
以下のトークセッションを予定しています。

みなさま、ぜひご来館ください。

とくしま4K+NEXT 【4K・VR徳島映画祭】
@神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス

トークテーマ

・2023年4月に開校予定の『神山まるごと高等専門学校』について
・ドキュメンタリー作品の制作方法、市場と制作環境の変化、キャリアについて

『神山まるごと高等専門学校』とは
神山まるごと高専は、徳島県神山町に2023年4月に開校する 5年制の私立高等専門学校です。 「テクノロジー × デザイン×起業家精神」を教育の土台としながら、 神山という地に根ざし、社会を動かす人材「モノをつくる力で、コトを起こす人」の 育成を目指します。
https://kamiyama.ac.jp/

 

登壇者

松坂 孝紀氏(写真上)
神山まるごと高専 事務局長

東京大学教育学部を卒業後、人材教育企業アチーブメント株式会社に入社。マーケティング、人事、経営企画などを担当した後、2017年に子会社の取締役に就任。組織変革コンサルタントとして、企業や地方自治体の人づくり・組織づくりプロジェクトに従事。
2021年、神山まるごと高専に参画。徳島県神山町に移住をし、学校づくりに邁進中。

岸田 浩和氏(写真下)
ドキュメンタリー監督

京都市出身。ミャンマー留学、メーカー勤務を経て、2012年に「缶闘記」で監督デビュー。2016年の「桜田、最後の100日」は、ニューヨーク・フード映画祭で2部門受賞。2015年よりYahoo! CREATOR’S/ニュース特集、VICE Japanなど、Webメディアの映像取材に携わる。2019年より、調査報道グループ「フロントラインプレス」所属。近作は技能実習生問題をこれまでにない視点で描いた「タインと社長の約束」(Yahoo!掲載)。現在は、倒産危機のゲーム会社の復活劇に密着した「リスタートアップ」とナイジェリアのサッカーチームを描いた「越境サッカー団」の長編2作を制作中。
関西学院大学、東京都市大学、杏林大学、大阪国際メディア図書館、Vookスクールほかで講師を務める。
https://www.documentary4.com/

 

概要
【開催日時】
●11月26日(土)14:00~16:00   ライブ配信はこちら

●11月27日(日)10:30~12:30   ライブ配信はこちら

【開催場所】
神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス
住所:〒771-3421 徳島県名西郡神山町下分字地野49-1

Avatar photo

神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス

神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス(KVSOC)は、「成長するオフィス」。閉鎖された元縫製工場(619平方メートル)を改修したコワーキングスペース(共同の仕事場)です。 神山町で新しいビジネスコミュニティを創造して、地域発の先進的なサービスやビジネスを生み出すことを目的としています。そのために、情報技術、デザイン、映像関連等のクリエイティブ産業の集積を図るとともに、起業家やその支援者、地域住民等との交流を通して、新たな価値の創出を目指します。

神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックスの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください