記憶の教室(徳島・LEDアート・フェスタ)

なんでも2010年4月20日

ニコライ

投稿者:ニコライ

4/17(土)から4/25(日)まで、
【徳島LEDアートフェスティバル 2010】が、徳島市中心部で開かれています。

【 早渕太亮(はやぶちたいすけ)】さんが、【 記憶の教室 】
という作品を発表されています。
(彼は、神山によくおいで頂き、神山で作品発表も行い、去年、鳴門教育大学大学院を卒業された方です。下の写真)

00005021.jpg

作品の場所は、「中徳島河畔緑地」。
徳島ホールのあった立体交差をくぐり、裁判所の四つ角をまっすぐ
東へ、(たしか)二つ目の信号の「福島橋」を渡らずに、そこを左へ曲がります。
すると、右側に松のある公園が川沿いにあります。そこです。
車で来られる方は、まっすぐ進み、突き当たり公園の奥に車を入れることが
出来ます。近くは住宅街ですので、通行も多くなく、少しの間なら路上に置いても
いけます。(実行犯の言葉)(笑)

この窓枠は、神山町の改善センターの横にあった郷土資料館のを使っています。

郷土資料館は、昔の神領小学校の校舎だったそうです。

00005020.jpg

“ どうも、皆様 お元気ですか?”
という顔を、しておりますナ(笑)

次の写真は、彼の作品の近くにある、「岡本多英子」さんという女性の「小鳥のささやき」という作品です。
LEDの光にワンクッション置いているのがいいっす。

00005019.jpg

この日曜日、夜、LEDをつけて踊っていた、「平山素子」さんという
筑波大学の准教授でもあるダンサーの写真。
足下は「水」
「水のなか」で踊る、「根性」に感服しました。

00005018.jpg

下の写真は、
たほりつこ様の、「ふれあい橋」の作品【 虹のラクーン 】
やっぱり、実物を見るのがいい。
水辺、春風、宵闇、春のにおい・・・・インスタレーション作品だと思いました。(昔、小野さくら舞台の復活のきっかけを作ってくれたから、
面識があるから・・・とか関係なく、良い作品です。)
ネオンサインのように色が変わってゆきます。

00005017.jpg

全作品は「ひょうたん島クルーズ」のコースに合わせて、配置してある
という感じでしょうか。
散歩を兼ねて、散策はいかがでしょうか。「グッド」と思います。
夜10時まで点灯。
今週の日曜日までです。
たくさんの人が見に来ていました。

ニコライ

ニコライ

趣味: 真夏の寒中水泳(意味不明) 好きな言葉: プリテンド(pretend) 信条: 「神山」の進化と向上に貢献する。

ニコライの他の記事をみる

コメント一覧

  • 天気の具合も見計らって、見に行こう、と。 それにしても、9日間って、会期短すぎ・・・?!

    2010年4月20日 09:24 | 大南 信也

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください