敵もしかるもの…!?

なんでも2010年6月15日

大南 信也

投稿者:大南 信也

平年より10日ばかり遅れて、四国も梅雨入り。でも、気温もさほど高くなく、微風もあって爽やかささえ感じます。

さて、タイトル画像は2月の森づくりで植樹したコナラのその後。すくすく順調に育っています。もちろんトチノキも健やかに。

のびのびと、悠然とした様で葉っぱを広げるトチノキ。葉脈の作り出す文様が何とも言えません

が、しかし、何とも貧相に見えるこの一本。

これでも同じトチノキ?!かと思わせるほど葉っぱが小振り。

羽を広げたような優美な葉っぱじゃなくて、おまけに葉先がところどころ枯れてしまっています…!? なぜだろうね。

明らかに貧相で、弱々しい

実は獣害です。大粟山に生息するシカの仕業。左奥の茂みからこの木の右にかけて往来する道があるらしく、出勤途中に柔らかな新芽をペロリと丸裸…。今ある(少し濃い目の)葉っぱはその後に生えてきたもの。どおりで小振りなわけです。

「敵もサルもの」ならぬ、「敵もシカるもの!」

どうにもこうにもシカたない…(笑)。

シカし、19年後のトチ餅を夢見る身としては、「あっぱれ!」と手をこまねいておるわけには参りません。

防衛のための道具と材料。4.5cm角の垂木、9cmの釘8本、15cmの(文字通り5寸)釘16本。

防御せねばと材料、道具を携えて、いざ創造の森へ!

やわらかいトチの葉を食もうと首を伸ばせば、チクリ!いや、ブスリ!(考えただけで残酷!)

過剰防衛のようですが、トチ餅を思う我が心。背に腹は代えられません(笑)

五寸釘。打つのに苦労はしましたが、いい練習になりました(笑)

あとまだ9本が未処理です。次回の森づくりの時にでも処置したいと思います。

何ごともそうですが、設計図どおりには進まないものだなぁ…(笑)。

大南 信也

大南 信也

グリーンバレー理事長。日々「せかいのかみやま」づくりに精励してます。人を強制せず、人に強制されずの自由人。職業?「社会起業家のたまご」としときます。最近の関心事は(西村さんの向こうを張って)「みんなの仕事をつくること」。そして、クリエイティブに過疎化を進める「創造的過疎」。

大南 信也の他の記事をみる

コメント一覧

  • 栃餅のため(笑)ご苦労様です。 最後の二枚の写真でぎゃっとなりました。 (私にはこの作業出来ません。) 鹿もイノシシもきっと、もう来ないはず。

    2010年6月15日 23:59 | akirika

  • ごくろうさまでした。

    2010年6月16日 00:11 | ニコライ

  • 仁木島さん、相手はシカたか(笑)だから、安心はできません。本当に!

    2010年6月16日 00:18 | 大南 信也

  • ニコライさん、今度やってみてください。 なお他の用途で五寸釘が必要ならばたくさんあります(笑)。

    2010年6月16日 00:19 | 大南 信也

  • トチモチ作戦素敵です。最近はとなり上勝町で千年の森づくりに漬かっています。上勝の鹿が山越えしてそちらでも「悪さ」をしているようで。言い聞かせてもなかなか判ってくれないようです。また参加させてくださいませ。イイヤマ。

    2010年7月23日 11:09 | 飯山直樹

  • まあ、猪や鹿や蝶(猿 → 蝶で、イノシカチョウ・・・(笑)。)には、 神山も上勝も徳島も香川もないだろうから仕方がないですね。 各県で人工林を切り開き、500平方キロほどの動物保護区を 作ってはどうでしょうかねぇ。動物の居場所づくり!!!

    2010年7月23日 11:55 | 大南 信也

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください