神山塾講師の横顔~川崎さんって、こんな人~

なんでも2010年12月10日

大南 信也

投稿者:大南 信也

「神山塾」では、さまざまな分野で活躍する「ゲストスピーカー」を迎えます。職業訓練にとどまらず人生そのものを豊かにする。受講生にそんな機会を提供したいと思っています。

そうした方針もあり、今後神山入りされる皆さんには急きょ「ゲストスピーカー」をお願いし、この場でお話を伺う可能性があります。覚悟してお越しくださいませねぇ(笑)。

さて、本日来ていただいたのは、経営コンサルタントの川崎克寛(かわさき・かつひろ)さん(E-planning代表)。

豊かな表情と、迫力の身振り手振り。受講生たちもぐいぐいと引き込まれていきます。

~川崎さんって、こんな人~

1970年生まれ。大学中退後、アメリカへ渡る。日本食店での住み込みとキックボクシングのファイトマネーで生活し、同時にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で経営学(MBA)を学ぶ。渡米中はアジア人留学生たちの生活支援も行うほど、裕福な生活を送っていたが、暴動での友人の死や家族の死など、精神的な苦痛を乗り越え、人に感謝すること、尽くすことを心がけるようになる。
日本に帰国後、(株)ワールドを経て独立。高知県のまちおこしプロジェクトに関わったことがきっかけで、東北、九州など全国各地の地域プロジェクト参画や企業再生に携わる。
(四国経済産業局「四国・地域ビジネスセミナー in 徳島」リーフレットより)

※ 経歴の「アメリカへ渡る」前後の話は、ぜひ受講生に聴いてもらいたいもの。アドベンチャーでありドラマです!

自由な空気が流れる中、講義が進行!ステキなアイデアはこんな雰囲気から生まれるんですよね。

ボクが川崎さんに会ったのは今年の8月。内閣府地域社会雇用創造事業の一環として取り組んだ「インターンシップ事業」のコーディネーターをされていました。

ボクは人に出会った時、時として「ビビビッ」っと何かが心の中を駆け抜ける感覚を覚える場合があります。「何か一緒に仕事をやりたい症候群(笑)」のようなものです。で、川崎さんのケースがまさにそうでした。

今回その念願に近づいたわけですが、これからも一緒に仕事ができればと最高です。川崎さん、その節にはよろしくお願いしますね。

大南 信也

大南 信也

グリーンバレー理事長。日々「せかいのかみやま」づくりに精励してます。人を強制せず、人に強制されずの自由人。職業?「社会起業家のたまご」としときます。最近の関心事は(西村さんの向こうを張って)「みんなの仕事をつくること」。そして、クリエイティブに過疎化を進める「創造的過疎」。

大南 信也の他の記事をみる

コメント一覧

  • ホント受講生やゲストスピーカーにめぐまれてます! 川崎さん、本日はありがとうございました。 ※事務的な説明で恐縮ですが、ここでいう講師やゲストスピーカとは、大南氏担当授業のプログラムの一環でサポート参加してくださる方々のことで、あくまでも講師は大南さんで~す! って、誰に説明してるんだろうな…(笑)

    2010年12月11日 03:39 | KEDWIN

  • おおぅ!やけに説明的コメント…(笑)。 いろんな制約を考慮しながら 「受講生にベストなものを!」を旨に 進んでいきましょう。 日本一の職業訓練を目指して!

    2010年12月11日 09:44 | 大南 信也

  • いや、私たちをその気にさせ、育ててくれている神山が目指すのは…『世界の神山』ですよね。 世界一の職業訓練を目指します(笑) ちなみに、上分の江田の棚田では地球を受け継いでいます(^_^)b

    2010年12月11日 10:22 | KEDWIN

  • 今年の二月に「地球市民賞」をいただいた時、 今後は「せかいのかみやま」から 「地球の神山」を目指すと宣言してしまった…(笑)。

    2010年12月11日 13:10 | 大南 信也

  • 宣言したなら仕方ないですね(笑) 『地球の神山』やりましょう!!

    2010年12月11日 19:49 | KEDWIN

  • 聴講生(←ここ重要) の粟飯原国子女史より、聞きました。 川崎さまのお話。 面白く、とても、為になりましたのことでした。 自分が実際に経験して来たことを、ただ 「話す」だけ。 なのに、これが、一番 聴衆をひきつけます。

    2010年12月12日 23:53 | ニコライ

  • 豪快で大胆な人生を歩まれており、 グリーンバレーの会員全員に聴いてもらいたいほど。 ワクワク・ストーリーです!

    2010年12月13日 00:06 | 大南 信也

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください