(受付終了)新春神山 背守り刺繍の会

神山日記帳2018年3月6日

d_yoshida

投稿者:d_yoshida

(Cafe brompton depo)

このイベントは定員に達したため、受付終了となります。

藍染めした糸を使った「背守り」のワークショップを開催します。
今回の講師は、カフェお隣のお店「こんまい屋」さんの渡邉純子さんです。
山に囲まれたCafé BROMPTON DEPOで、チクチク刺繍しませんか?

【背守りとは・・】
背守り刺繍の始まりは、母親が子供の健やかな成長を祈って作られたお守りの印。
大人の着物の背中には「縫い目」があって、悪いものから守ってくれると考えられていました。
縫い目のない子供の着物の背中に、飾り縫いをして背後から忍び寄る邪気や魔物を見張る「目」の代わりとしていたそうです。
また背守り刺繍の文様にはそれぞれ健康や吉祥の祈りが込められています。

思いを込めて刺繍されていた「背守り」を、今の自分の生活スタイルに取り入れてみるのも面白いと思います。
洋服のアクセントにしたり、大切な人にお守りとしてプレゼントするのも良いのでは・・

日程/3月24日(土)
時間/10:00~12:00頃
場所/Cafe BROMPTON DEPO 店内
講師/こんまい屋 渡邉純子さん
参加費/1.500円(1ドリンク込)
持ち物/刺繍したい洋服や布地
定員/6名(予約制)→ご予約は下記Googleフォームのご記入か、直接お電話で承ります。

https://goo.gl/forms/PPqtFUuFOFE5TufV2

TEL:080-2982-1608

ご質問など、気軽にお問い合わせくださいね。

・今回、1人2絵柄まで刺繍していただけます。
・刺繍に慣れている方だったら、ご自分で絵柄を考えていただいてもOK
・染めた藍の糸も使用できますが、お気に入りの刺繍糸をご持参いただいても構いません。
・今回なんと!神山っぽい絵柄を特別に準備してもらっています。


背守り刺繍を教えてくれるヒト

渡邉純子さん
2013年中国から帰国後、地元の手仕事を大事にしていきたいと徳島県美馬市地域おこし協力隊に着任し、
藍染を始める。
フランス バスクにて藍染糸を使用し背守り刺繍ワークショップも開催。
現在「こんまい屋」を友人と共同経営。
神山町の山の中で小さな苔庭、藍染、木の小物を日々製作中。

お店「こんまい屋」さんについて
Facebookページ
https://www.facebook.com/conmaiya/

こちらの記事も合わせてどうぞ。
https://setouchifinder.com/ja/detail/21141

d_yoshida

d_yoshida (Cafe brompton depo)

d_yoshidaの他の記事をみる

コメント一覧

  • 「背守り刺繍」ってそんな意味があったのですか。 私も そろそろ荒っぽい仕事はやめて、上品な「刺繍」でも趣味に 致しましょうか。

    2018年3月7日 09:00 | ニコライ

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です