チンドン屋、寄井座に現る

アート2008年7月11日

大南 信也

投稿者:大南 信也

鉦に太鼓にドラムに、ペット。アコーディオンも加わって、チンドン!チンドン!

先週土曜日、(歳を忘れた)にわか漁師たちが鮎喰川でジンゾク狩りに興じていた丁度その頃...

寄井町は「チンドン屋」の登場に沸き返っておりました。「下分七夕飾り」での公演を前に、現れたのは「花吹雪一座」。大阪は城東区からのご来町ーーーー!

うだるような暑さを倍加させるド派手な衣装。目指すは劇場寄井座。

「おおっ、ここじゃ!ここじゃ!皆の衆、ここが劇場寄井座じゃ!」

なんでも、流しが予定されている寄井町を下見に来た時、昔の劇場が残されているという話を耳に挟んだ座長さん。職業柄「ビビッ」ときたそうで、「是非、舞台で奉納を!」ということになりました。

「大阪から参りました。今回はギャラの都合もあり、若いのばかりを連れて・・・」<br /> (マジ、そう言われとりました…(笑))

「こんな貴重な物を大事に残しておられる町の人に、敬意を表して」

屋根のトタン板が暑さでパチパチ音を立てる中、急きょ集まった近所の皆さん二十数名を前に大熱演。

ところで、日本と言えば「富士山」、徳島と言えば「阿波踊り」だよねぇ。では、「寄井座」と聞いてこの人が居なければ、クリープ抜きのコーヒー・・・(笑)。

「あこがれのハワイ航路」に「青い山脈」。何でも踊れまっせえ!ここではズンドコ節風に。

「みなと屋の幸ちゃん」登場!(いつの間にか着飾って・・・(笑))

やっぱり人間の持っとる「花」ちゅうやつやねぇ。集まった観客からやんやの喝采を受けてました。

「寄井座」で、「特別養護老人ホーム」で、どこでも踊れまっせえ!ここでは阿波踊り風に。

最近、悲しいこと続きだった「幸ちゃん」。でも「幸ちゃん」に涙は似合わない。こうしていつまでも皆を楽しませてくださいねぇ。
ただし、お酒は少々控えめで・・・(笑)

決して長い時間ではありませんでしたが、寄井町にスーッと爽やかな風が抜けていきました・・・。

「花吹雪一座」の皆さん、楽しい時間をありがとうございました。

大南 信也

大南 信也

グリーンバレー理事長。日々「せかいのかみやま」づくりに精励してます。人を強制せず、人に強制されずの自由人。職業?「社会起業家のたまご」としときます。最近の関心事は(西村さんの向こうを張って)「みんなの仕事をつくること」。そして、クリエイティブに過疎化を進める「創造的過疎」。

大南 信也の他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です