スキーランド2階和室。いけた花が綺麗です(ただいま展示中)

神山日記帳2018年10月18日

藤本 彩

投稿者:藤本 彩

今日は「神山スキーランドホテル」に行ってきました(通称:スキーランド)。今回は「釣り」ではなく、花をいける様子を見学。とっても素敵だったので、小さなレポートを残します。


釣り堀を見るとワクワクするのは、わたしだけでしょうか? この感じたまらないです。


現場は、2階につづく階段あがってすぐ左手の和室。「パチン」と鋏を入れる音が響きます。


花をいけたのは、神山に暮らしている廣瀬千寿美さん。華道、フラワーアレンジメント、装飾など、花に関わる仕事をされています。「お花が大好き」と話しながら手を動かしていた千寿美さん。町内で、下分公民館や新春の生け込み、「手でつくる教室」でワークショップ開催も。
「春の黄色でお部屋に彩りを」スワッグ作りワークショップ【手でつくる教室8】


床の間はみるみるうちに秋の風景。その様子にうっとり、魔法の手です。


完成した姿はこちらです。居合わせた人たちからは「部屋の中も秋やね〜!きれい!」と感嘆の声があがりました。写真以上に、実物がとても素敵。2日間くらい鮮度が保たれた状態で見られるそうなので、お近くの方はぜひスキーランドへ!ここで小さな宴をひらくのも良いかもしれません。

●神山スキーランドホテル
徳島県名西郡神山町下分字三ツ木32
TEL 088-677-0126
*花が飾ってあるのは2階和室。見学も歓迎とのこと◎


絶妙な味付けが最高!アメゴ定食!(大好きです)

早いもので、神山に暮らし始めて半年が経ちました。季節は移り変わり、ぴゅーっと風が吹くと、いよいよ寒さを感じるように。でも、お隣さんは半袖、そのお隣はセーター姿ということもあるので面白いです(藤本)

藤本 彩

藤本 彩

神山つなぐ公社、つたえる担当です。2018年春、神山に家族4人で引越してきました。好物は、かまパンのチョコローフ、スキーランドのアメゴ定食。

藤本 彩の他の記事をみる

コメント一覧

  • 木の「株」や、籠(カゴ)を上手に使って、床の間によく似合っております。 「アート」でございます!

    2018年10月20日 23:49 | ニコライ

  • ニコライさん、コメントありがとうございます。本当にその通りで、神山の自然をとりこんでゆく様子はアートでした^^。「こういった生かし方があるのだなぁ」と感心しきり。花のある暮らし、素晴らしいです!

    2018年10月22日 08:46 | 藤本 彩

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください