さくらら ららら♪ 2分の1成人式おめでとう!

住まい2019年2月25日

赤尾 苑香

投稿者:赤尾 苑香

 さくらが さいた
 さくらが さいた
 さくらが さいたと みあげれば
 さくらの おくにも
 まだ おくにも
 さくら さくら さくら さくら
 さくらら ららら
 はなびら ららら

桜も芽吹きそうな春の気配が、近づいていますね♪
一方で、鼻の奥も何やら活動をはじめましたよ。。

さて、上の詩は、まど・みちおさんの「さくらのうた」。
神領小学校4年生の子どもたちが可愛らしく詠ってくれた、さくらのうたです。
なんのときに詠ってくれたかって?

先日、集合住宅の敷地内で、
神領小学校4年生6人の子たちと「2分の1成人式」の記念植樹をしました。

彼ら彼女たちは、昨年にも町民・町内バスツアーで集合住宅を訪れてくれた子たち。
そのときの様子はこちら。建設中の住宅棟の前で、大工さんと一緒に「子ども上棟式」!
あの頃まだ建っていなかった住戸棟を、一緒に眺めることができました。


3年生の学習発表会で、NPO法人神山さくら会さんの取り組みについて研究・発表され、
そのお礼にと、神山さくら会さんから「神山桜」の苗木の贈りものが。

学校にも2本植え、もう1本みんなで一緒に育てられるところに植えたいねと、
1年越しの2分の1成人式に合わせて記念植樹のご相談をいただきました。

役場・公社・設計チーム、関わる大人たちは、さてどこに植えようかと頭をひねり、、
いい場所が見つかりました!
通学路からいつでも成長が見守れるここに植えましょう。


穴を掘って植物に適した土を入れ、
枝の伸び具合や、根の張り方を想定して苗の向きを決めます。

土を被せて、支柱を立てて、

最後は6人で大事な水やり!

丁寧に植え方を教えてくれたのは、神山さくら会の久保さんと中井さん。


10年後、20歳になったころには幹も10センチほどに成長し、
枝葉も川沿いのあるきみちの方へ大きく茂っているそうです。

6人が小学校を卒業するとき、そして中学校へ入学するときには、
もしかしたら、最初のつぼみが開花するかも、と。

そして、記念植樹の最後に、神山桜の苗木に向かって子どもたちからエールが!

そのエールが冒頭の「さくらのうた」!
子どもたちの詠む「ららら」がとってもキュン♡

集合住宅の緑地は、まちの子どもたちと一緒に成長していきます。
高校生たちと育てて植えた植栽も、この神山桜も。

“ここだったら学校行きながらずっと見えるなぁ”
“20歳になったらまたここに集まりたい”
 

神山桜の苗木は、文化橋渡ってすぐのところ。
さぁ、みなさん、通りかかった際にはぜひエールをご一緒に!さくらら ららら〜

 さくらが ちるよ
 さくらが ちるよ
 さくらが ちるよと みていれば
 まいちる あとから
 また あとから
 さくら さくら さくら さくら
 さくらら ららら
 はなびら ららら

赤尾 苑香

赤尾 苑香

神山つなぐ公社 すまいづくり担当の赤尾です。広野生まれ、広野在住。子供の頃は、山や川をかけ回っていました。

赤尾 苑香の他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください