オープンアトリエ 「Yamandu Roos」

神山日記帳2017年5月12日

Art in kamiyama

投稿者:Art in kamiyama

4月から神山アーティスト・イン・レジデンス/ベッド&スタジオプログラムにて滞在中のYamandu Roos(ヤマンドゥー・ルース)が約2ヶ月間の神山での滞在中に撮影した写真を中心にオープンアトリエにて作品を公開いたします。彼の目に映った神山はどのように見えていたのでしょうか。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

日時|2017年5月26日(金)15時~20時
場所|下分アトリエ
神山町下分字今井121
※駐車場は下分公民館駐車場をご利用ください。

Yamandu Roos 

「CITY BOY」プロジェクト
近年、Yamanduが各地で取り組んでいるプロジェクトのひとつ。
世界的に都市部から地方へと移り住み、自然豊かな場所での生活をする人たちが増えている中で、理想と現実、またそこでの生活を模索するということをテーマに撮影、制作を行っている。

+ + + + + + + + + + + + + + + +

写真とは深く観察し、第3の目となる心に映るものを捉えることではないかと考えている。どこであろうと、そこで自分の心に響くものが撮影の対象となり、日常と異なる場所やそこで出会う人々、体験が私のイマジネーションの源となる。行く先々で出会う人や友人や風景、そこに存在するものが、2度と交わることのない瞬間として捉えられ、それが写真という形で表現される。思いがけない事柄が重なり、その中から私の作品が生まれてきます。そして、常に美しさと簡素なこと、そして簡素さの中の美しさというものを探求し続けている。  (ヤマンドゥ・ルース)

+ + + + + + + + + + + + + + + +
ベッド&スタジオ プログラムについて

神山アーティスト・イン・レジデンス(KAIR)では夏~秋に行われる招聘プログラムとは別に、「Bed&Studio」プログラムというアーティストが自費で制作滞在するプログラムを2009年より行っています。2017年は5名のアーティストが滞在する予定となっており、今回は一人目の滞在アーティスト「ヤマンドゥー・ルース」のオープンアトリエを5月26日に開催します。

→ 神山アーティスト・イン・レジデンス

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です