8/5(土)ライトな「森づくり」しました。

手入れ2017年8月6日

ニコライ

投稿者:ニコライ

2017.8.5(土)、ライトな(軽い)「森づくり」を行いました。
講師は、「高橋幸次」先生。
県庁で林務関係の仕事一筋38年、現在 神山町林業活性化協議会にお勤めで
ございます。
腹(はら)は、白(しろ)く・・・髪(かみ)も、白(しろ)いが、
森林(もり)にかけては、とても、黒(くろ)い 方でございます。あはは!
(し・・・し・・失礼しました)


「徳島県 森林インストラクター」でございます。
9時集合。改善センター玄関前で、ご挨拶です。
モノサス塾生 4名の皆様方と、とりあえず、記念写真であります。
まず、改善センターから徒歩で、「ステージ若草」の上まで、移動します。
木陰に入り、簡単なレクチャーを受けます。
(先生、カラーできれいに印刷してくれていました)(感謝)
「ステージ若草」の上、つまり「大粟山」の中腹を通り、「樹木」、「葉っぱ」を
観察しながら、頂上に向けての出発であります。
“ 涼しい!!”
「木立」の中は涼しいのであります。

小路も、整備されたものでなく、そのままの山の斜面を歩く感じ。
都会育ちのモノサス塾生には、心地よかったそうです。
お昼は、「5.3.5」のお弁当でした。
まいう!

お茶を片手に、
「昼ごはん」にありつけた喜びに
 「乾杯」!(笑)


デザートにサプライズがありました。
粟カフェさんや、カフェ・オニヴァさんにもある、
冷たい「ジェラート」の提供であります。
チェーンソーを使う、岡田様と、ジェラートを作る岡田様の
イメージがあまりに一致せず。
皆に、混乱を生じさせる為、
今回「手」だけの表示とさせて頂いております。ぎゃは!

「桃」でした。
森口さんの子供が、二人とも2回もおかわりしていたので、
余程、美味しかったのだと思います。

さて昼からは、初心者向け「チェーンソー」の講習であります。
少し経験のある、モノサス塾卒業生の「佐藤 光」 くんが、
枯れた「松」を倒しております。
まったく経験のない「モノサス塾」3期生に、「丸太切り」をさせる為の
材料作りであります。
いいとこ迄行ったのですが、間伐が出来ていない山なので、
たいていの場合、「かかり木」になるのであります。
余りおすすめできないのですが、
「かかり木」落としを、哲ちゃんにやってもらいます。
(危険なのであります)


下は、果敢に挑戦する女性、

​腹の出具合から、中年のおばさんかぁ・・?

いえいえ カフェ・エスターテの なつみ さんでした。(笑)
(チェーンソーを使う時はシャツをズボンの中に、入れてからするべきなのに。)
私の指導ミスであります。
下の写真は、モノサス塾3期生の方。
半袖は褒められたものではありませんが、
持ち方、膝の落とし方は、基本通りであり。ベリー・グー!

男の本能みたいなもので、
中年のおじさんは、若い女性の方に親切であります。(笑)

「かかり木」が多かったもので、「丸太切り」が沢山出来ました。


最後にレクチャーの内容。

長くなりましたので、以下は興味のある方だけ、見てください。

テキスト本の 一部であります。

今回は、「クヌギ」と「クリ」と「コナラ」の見分け方のわからない方 用にやりました。
「樹皮」は3つとも、パっと見、よく似ているのであります。
1、クヌギはギザギザの葉っぱの先のとげとげ(1mm)のところが

緑(葉緑体)が抜かれて、黄色みたいな色になっているので、
クヌギ「(色)ヌキ」と覚えるようです。

 


2、クリは、ギザギザの葉っぱの先のとげとげ(1mm)のところが
「緑」のままあるから、クリ → グリーン ありと覚えるそうです。

いづれにしても 「葉っぱの先のとげとげ(1mm)のところ」ですから、
「年寄り」には見えません。(笑)

3、コナラは葉っぱの形が上記2つと全然違いますから、わかります。
クリは、通常、木の下に「いがぐり」が落ちているのでわかりますが、
「いがぐり」が無く、葉っぱもない場合は、「コナラ」や「クヌギ」と実に見分けにくいです。
ということで、「ライトな森づくり」無事、終了致しました。
秋にもう一度、開催する予定です。
次回は「大久保谷川」沿いを、探索して、大粟山まで帰ってきましょうか。

ニコライ

ニコライ

趣味: 真夏の寒中水泳(意味不明) 好きな言葉: プリテンド(pretend) 信条: 「神山」の進化と向上に貢献する。

ニコライの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です