『粟生の森づくり』

手入れ2007年6月26日

大南 信也

投稿者:大南 信也

先週の日曜日、町民グラウンドの側溝の清掃を終えた後、大粟山に上り、粟生の森づくりを行いました。

先ずは昼食で腹ごしらえ。

まずは昼食、腹ごしらえ。

右手前の人は、偶然天辺丸まで上がって来ていた大阪からのお遍路さん。お接待ということで一緒に食べてもらいました。

本日のメニュー。

メニューは、おにぎり、中華風サラダ、冷やしソーメン、酢豚、茹で干し大根の煮付け、漬物と多彩でした。美味しくいただきました。

本日のメインはナル材の出荷。

この日のメイン作業は「ナル材」の出荷。山の中から一本一本担ぎ出し、車に乗せていきました。

出荷本数は計89本。皮むきをしている時は、1本千円程度などと話し合っていましたが、どうも最近需要が落ち込んでいるらしい・・・・。

売買伝票が届いた時には、日本の林業の厳しさを実感させられるのかもしれません・・・・(笑)。

大南 信也

大南 信也

グリーンバレー理事長。日々「せかいのかみやま」づくりに精励してます。人を強制せず、人に強制されずの自由人。職業?「社会起業家のたまご」としときます。最近の関心事は(西村さんの向こうを張って)「みんなの仕事をつくること」。そして、クリエイティブに過疎化を進める「創造的過疎」。

大南 信也の他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください