【あゆハウス通信Vol.5 「あゆファーム」畑作りにチャレンジ中!】

学び2019年10月29日

投稿者:あゆハウス

みなさん、こんにちは。

ハウスマスターの神野です。

あゆハウス通信も5回目になりました。(今までのあゆハウス通信はこちら

 

あゆハウス通信vol.2の記事でちょこっと触れましたが、今回は、あゆハウスの敷地内で寮生が管理している畑『あゆファーム』について、書いてみようかと思います。

もともと花壇として使われていたので畑としては小さい広さですが、ご近所の久保さんやハウスマスターの桑本さんに指導していただきながら皆でお野菜を育てています。


夏はゴーヤ、ズッキーニ、まくわうり、とうもろこし、トマト、なすび、きゅうり、スイカ、オクラ…等々、たくさんの夏野菜が日々の食卓を美味しく彩ってくれました。

自分たちが育てた野菜を、自分たちの手で料理して食べる!これもこのあゆハウスの生活の楽しみ方の一つです。

    

採れたての夏野菜で作ったご馳走のほんの一部。4月から皆の料理の腕もグッと上がりました!もう料理が下手とは言わせません!自分が同じ年頃だった時よりも、はるかに皆の腕前の方が上で、この先の上達も楽しみなほど。

 

そして、そろそろ秋の気配を感じる気温になった9月、そろそろ冬野菜の準備も始めなくては…という事で「あゆファーム」の夏野菜の一部を片付けました。

ゴーヤ、かぼちゃ、スイカ、きゅうり、トマト等、楽しかった夏を惜しみつつ畑を一斉に片付けると、あっという間に山盛りいっぱいの野菜くずが出ました。

頑張った畑作業後のお楽しみ…という事で、大量の野菜くずはこの後、最近神山にやって来たお馬さん親子の元へ運びました。(※事前に飼い主さんの許可を得ています。そして、あゆファームのお野菜は無農薬で育てているので、安心してお馬さんにも食べてもらえました。)

「こうしてお馬さんが喜んで食べてくれるなら、また次もたくさん持って来るぞー!」という気になります。なんなら作った野菜は自分が食べるよりお馬さんに食べてもらいたい…。動物好きにはたまらない触れ合いの時間でした。

 

そして綺麗に片付いたあゆファームには、新たに冬に向けての野菜の種まきと苗植え。

大根、人参、レタス、彩り菜、キャベツや白菜等々…。冬らしいお野菜を植えました。

また皆でお野菜の成長を見守りながら、次はどんなお料理になって美味しく食べられるか、早くも今から楽しみにしています。(どうも時期的に鍋料理が多くなりそうな予感もしますが…)

あゆハウス

城西高校神山校の寮は、鮎喰川の「あゆ」をとって、「あゆハウス」と呼ばれています。 「あゆハウス通信」では、あゆハウスで暮らす高校生・ハウスマスターが日々の活動を定期的に発信しています。 「地域で学び、地域と育つ」をコンセプトに、神山でさまざまなことにチャレンジする私たちを温かく見守っていただけたら嬉しいです。

あゆハウスの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください