「滞在施設が足りないわ…!」

神山日記帳2011年7月29日

大南 信也

投稿者:大南 信也

 第二期神山塾を皮切りに、武蔵野美術大学(インターンシップ)、名古屋市立大学(神山総合サイン計画)、東京藝術大学ヨコミゾ研究室&バスアーキテクツ(プロジェクト空家町屋)、神山農饗楽団、神山アーティスト・イン・レジデンスなどなど、プロジェクト満載の「神山の熱い夏」が始まっています。

8月初旬から中旬にかけて、町の人口の1%に当たる60名を超える学生や社会人が徳島県外からグリーンバレーを訪れ、滞在しながら活動する予定。いよいよ住宅事情がひっ迫してまいりました(笑)。

交通量の少ない旧道に面していますが、家の裏側は畑。ほどよく便利で、ほどよく静かな環境です。

こんな事情もあって、予てよりお申し出をいただいていた下分の古民家をお借りし、ゲストハウスに改修することにしました。

いつもながらの「なんとかなるんちゃうん!」の泥縄的対応ではありますが…(笑)。

改修のメインは二階。居室にもワークスペースにも対応するデュアルな空間にしたいと思います。

主な改修は二階部分に10畳程度の部屋を二間つくること、バストイレの完全改修、さらに光ファイバー設置工事。一か月程度の間で、どのような空間に生まれ変わるのか楽しみです!

なお完成後、当面は神山塾生の宿舎として、その後はシェアオフィスかサテライトオフィスとして活用できればと考えています。

大南 信也

大南 信也

グリーンバレー理事長。日々「せかいのかみやま」づくりに精励してます。人を強制せず、人に強制されずの自由人。職業?「社会起業家のたまご」としときます。最近の関心事は(西村さんの向こうを張って)「みんなの仕事をつくること」。そして、クリエイティブに過疎化を進める「創造的過疎」。

大南 信也の他の記事をみる

コメント一覧

  • ご多用のところ、さっそくご回答いただき厚く御礼申し上げます。南岸・北岸両線の合流点付近のいわば鳥瞰図の作成経緯を知り、感動しました。 大南理事長さんのますますのご活躍を祈念いたします。

    2012年6月2日 02:59 | 祖父江政義

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です