プロジェクト

media

メディア掲載例

過去に集合住宅プロジェクトの取材をしていただいた中から、その一部を紹介しています。(新着順)

日本住宅協会 機関誌「住宅」2019年5月号/特集「住まいと仕事」
「住まいと仕事をつくり、まちを将来世代につなぐ」
http://www.jh-a.or.jp/contents/kikanshi/201905.htm

LIFEL HOME’S PRESS(2018年1月22日掲載)
徳島県神山町「大埜地の集合住宅」にあるべき住宅の姿を見た。
https://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00507/

greenz.jp(2017年10月16日掲載)
100年後にも、山と川、人々の暮らしがあるように。
徳島・神山町の、あたりまえであたらしい「大埜地集合住宅」の話。
https://greenz.jp/2017/10/16/kamiyama_onoji/

ソトコト(2017年9月号「あたらしい住宅のカタチ」)
住宅からはじめる町づくり。
https://www.sotokoto.net/jp/latest/?ym=201709

「雛形」に掲載された公社・すまいづくり担当者へのインタビュー

「自分を問うことが、自分を信じることにつながった」(2019年6月14日掲載・赤尾苑香)
https://www.hinagata-mag.com/column/33174

「切り拓く人たちのなかで立ち止まる」(2018年10月12日掲載・高田友美)
https://www.hinagata-mag.com/column/26994

「神山の暮らしに寄り添う"まちの建築士"でありたい」(2018年7月23日掲載・赤尾苑香)
https://www.hinagata-mag.com/column/25496

「町に住む5464人に宛てた“手書きのおたより”」(2018年2月8日掲載・赤尾苑香)
https://www.hinagata-mag.com/column/22224

「私の仕事は、コミュニティに命を吹き込むこと」(2017年9月8日掲載・高田友美)
https://www.hinagata-mag.com/column/19437

「鮎が川に帰るには? あたらしい集合住宅づくりの話」(2017年6月19日掲載・赤尾苑香)https://www.hinagata-mag.com/column/18298

※プロジェクトの進捗により、一部現状と異なる情報も掲載されている可能性があります。
 最新情報については、お問い合わせください。

概要

神山町内では、新たに家を建てる土地の見つけにくさや、すぐに貸し出せる家が不足しがちな状況がありました。そこで町の事業として、子育て・働き盛りを中心に集合住宅の整備を開始(2016〜)。また、空き家の発掘・民家改修を進め、伝統工法で建てられた民家に適切な修繕を行っています(2016〜)。

町内の職人さんと協働する機会をつくるなど、まちの中にある価値や可能性を生かし、100年以上使える社会資本を目指しています。

移住交流支援センターでは、町の委託を受けNPO法人グリーンバレーが、空き家・空き地をご紹介しています。神山への移住を検討されている方はご相談ください。
>>神山で暮らす(家や土地の探し方)