プロジェクト

yorii-living

すみはじめ住宅「寄井の家」に暮らす

*現在、満室です

1階に店のある、町並みをつくる家

「寄井の家と店」は、店舗併用型の「すみはじめ住宅」。旧街道の町並みが残る、寄井商店街に軒を連ねる立地。1階は、寄井に新たな町の灯りをともした「豆ちよ焙煎所」が入居中。神山で借りられる家を見つけ、改修できるのを待ちながら、暮らしや仕事を育むことができます。(2018年4月から運用開始)

Photo by Masataka Namazu

寄井の町並みをつくるお店の一つとして、1階はテナント事業者さんが入居。1階奥と2 階の「すみはじめ住宅」は、単身者、夫婦 /カップルに貸し出しします。(住居と店で利用者が異なり、入口を分けています)お店には暖房器具として、ロシア式のペチカを配備。1 階から屋根までレンガ造りの煙突がのびており、薪をくべると優しい温かさが空間に広がります。

Photo by Masataka Namazu

「寄井の家」の改修から活用までのプロセスをまとめた映像ができました。民家改修の背景や、1階のお店「豆ちよ焙煎所」にかかわる皆さんの声など、ぜひご覧ください。

こんな方にオススメです

・町並みを歩いて感じたい
・近所で買い物や食事をできると嬉しい
・自分のペースも大切にしたい

入居スペース

1階入り口から入ると、入居者専用のダイニング・キッチン、浴室、トイレのある居室。続く階段から2階洋室へ。備え付けのクローゼット、机などがそのまま利用可能です。商店街の中にありながら、居室は隠れ家のようにひっそりとした雰囲気も。この空間を居場所に、自分のペースをつくりながら、仕事や暮らしを試みる機会に。


Photo by Masataka Namazu

●入居スペース1階 / ダイニング・キッチン・水回り +2階 / 洋室 

「寄井の家と店」物件情報

 

・募集状況 満室
・契約期間 3ヶ月〜1年半(条件付きで、1回まで契約更新可)
・家賃   25,000円
・広さ   33.35㎡(1階北面+2階)
・共益費  4〜9月:8,000円、10〜3月:10,000円 (※単身者の場合)
*1人あたり月額算出(インターネット、電気、水道、ガス、浄化槽清掃を含む)
・備品   冷蔵庫、オーブンレンジ、炊飯器、洗濯機、掃除機、テーブル、スツール×4、調理器具、食器、エアコン(2階洋室のみ)
・築年月  1935年
・改装年月 2018年2月
・設計監理 株式会社ココロエ 一級建築士事務所
・施工   大家工務店
・事業主  一般社団法人神山つなぐ公社/民家改修プロジェクト

お問い合わせ窓口

神山への移住/すみはじめ住宅への入居を希望される方は、 「すみはじめ住宅とは?」をご一読の上、神山町移住交流支援センターのお問合せフォームからご連絡ください。

概要

神山町内では、新たに家を建てる土地の見つけにくさや、すぐに貸し出せる家が不足しがちな状況がありました。そこで町の事業として、子育て・働き盛りを中心に集合住宅の整備を開始(2016〜)。また、空き家の発掘・民家改修を進め、伝統工法で建てられた民家に適切な修繕を行っています(2016〜)。

町内の職人さんと協働する機会をつくるなど、まちの中にある価値や可能性を生かし、100年以上使える社会資本を目指しています。

移住交流支援センターでは、町の委託を受けNPO法人グリーンバレーが、空き家・空き地をご紹介しています。神山への移住を検討されている方はご相談ください。
>>神山で暮らす(家や土地の探し方)