神山町で考える、地方創生のすすめ方【滞在型プログラム2泊3日】

学び2017年7月11日

作田祥介

投稿者:作田祥介

このプログラムは、神山町の地方創生についてのプロジェクトやその進め方・進み具合に関心のある方に向けて開きます。

神山町では、2015年12月に町の創生戦略を定め、「まちを将来世代につなぐプロジェクト」が始まりました。

いま、農業と地域内経済の課題に取り組むフードハブ・プロジェクトや、この夏中高生がオランダを訪問する国際交流プロジェクト、地域の木材を活用した若者世代対象の集合住宅の建設など、様々な新しい動きが起きています。町で暮らす私たちでもその変化のスピードに追いついていけないほどです。

神山は今、どんな課題と可能性に向けて、取り組んでいるのか。その進め方を学び、行き先を考え合う滞在プログラムを企画しました。案内は「神山つなぐ公社」のスタッフが致します。私たちは、みなさんとお会いし、ひと時をご一緒する中で、視野をひろげ、出会いを楽しみたいと思っています。

主催 一般社団法人神山つなぐ公社

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■プログラム内容

8月25日(金)
  11時      神山町役場前集合/オリエンテーション
  12時     昼食(場所:かま屋
  午後   【農と地域経済】
                     フードハブ・プロジェクトの話
         話し手 白桃薫(農業長)
       【住まい】
                     集合住宅と民家改修プロジェクトの話&改修現場見学
         話し手・改修現場案内 赤尾苑香(神山つなぐ公社) 

  夕方   自由時間・神山温泉 

  夜    WEEK神山 チェックイン
                みんなでごはん/自己紹介大会/神山で考えてみたいこと
      ファシリテーター 西村佳哲(神山つなぐ公社)

8月26日(土)   
  午前  【教育】
                  公立高校と町・地域のつなぎ直しと国際交流プロジェクトの話
      話し手 森山円香(神山つなぐ公社)

  12時    昼食 

   午後 【創生戦略】
                  神山町の進め方
                 「ワーキンググループ」に参加した3人の話
        ファシリテーター 高田友美(神山つなぐ公社)

  ※「ワーキンググループ」について
 神山町では2015年12月に地方創生戦略・人口ビジョン「まちを将来世代につなぐプロジ  ェクト」を策定しました。その策定 作業を住民と町役場職員約30名のワーキンググループの協働によって実施しました。そして、2017年1月から3月にかけて住民と町役場 職員約50名のワーキンググループ2によって、「まちを将来世代につなぐプロジェクト」の実現に向けた協議がされまし た。

   夕方   自由時間 温泉等
      夜   夕食(カフェ オニヴァ

8月27日(日)   
    8時    朝食
          自由時間(滞在中に気づいたこと、感じたこと、学んだことを整理する時間。)  

   10時     地方創生、神山町の進め方についてみんなで話しを交わす時間
        ファシリテーター 西村佳哲(神山つなぐ公社)

   12時頃  昼食、その後解散

※内容は変更となる場合がございます。予めご了承くださいませ。暑い中、町内を徒歩で移動する場合があります。動きやすい服装でお越しくださいませ。

■定員 20名(先着順)

■参加対象
 ・神山の創生戦略の進め方を知りたい方
 ・地方創生について、神山の人と共に学び合いたい方
 ・行政と民間の協働の形を探りたい方
 ・周囲に前例がない仕事や、従来の評価では正解の見えにくい仕事に取り組み、神山を     訪れることで通じて何かヒントや知恵をつかみたい方
 ・企業や行政機関など問わず、様々な利害関係者と力を合わせてプロジェクトを進める仕事をされている方
 ・「まちを将来世代につなぐ」という言葉に関心がある方
 ・1年や2年の短期間ではなく、10年先、30年先を見越した長期的な仕事に取り組んでい る方

■プログラム参加費 34,560円(税込)
 ※参加費に、宿泊費、飲食費、町内移動のバス代は含まれておりません。それぞれお店  や宿で個別にお支払い頂きます。

※学生の方はお問い合わせください。若干割引致します。

・宿泊・飲食・入浴費目安
  30,000円程度 ※宿泊するお部屋や飲食費によって変動します。

<内訳目安>
・宿泊費 2泊分(朝食付き)
   シングル希望の方(2室) 18,360円 ※満席となりました。7/14
   ツイン希望の方(4室) 15,120円(但し、本プログラムの参加者の方と同室です。)※満席となりました。8/12
   グループルーム希望の方(2室)12,960円
   ※それぞれ先着になり次第、締め切ります。ツイン、グループルームは男女に適宜振   り分けます。

■宿泊場所 WEEK神山
http://www.week-kamiyama.jp

 ・食費目安:
   昼食 1日目900円〜1,200円程度、2日目1,000円程度、3日1,000円程度
   夕食 1日目3,000円程度〜 、2日目4,200円程度〜
      ※飲酒される方は費用が高くなります。
 ・バス代:1,000円以内
 ・入浴:神山温泉 600円/1回

■申込方法
下記のリンクの申し込みフォームに必要事項をご記入くださいませ。お申し込みをされた方順に、ご入金方法(銀行振込先)など詳細な情報をお知らせします。

https://goo.gl/forms/J1mBGBwwo2VkEpaD2

■神山町役場までのアクセス
http://www.town.kamiyama.lg.jp/kamiyama-access/

【関西圏から参加を検討されている方へ】
当日バスでお越しの場合、海部観光、徳島バス、JRバスなどで大阪駅やJR三宮駅から高速バスが出ております。9時30分までに徳島駅にお越し下さい。
徳島駅にて徳島バスの「神山線」9時35分発→「神山高校前行き」へ乗車されると、10時40分頃「神山町役場前」に到着致します。

【関東圏から参加を検討されている方へ】
 JAL 東京(羽田)7時5分発 徳島8時15分着の便に搭乗されると11時に間に合います。
 徳島空港から神山町役場まではレンタカーを借りてお越し頂くか、バスを乗り継いでお 越し頂けます。
 バスは、徳島空港8時25分発→徳島駅行きのリムジンバスへ乗車ください。徳島駅にて 徳島バスの「神山線」9時35分発→「神山高校前行き」へ乗車、10時40分頃「神山町役場前」に到着致します。

※徳島駅から神山町のバス時刻表
神山線
佐那河内線
 どちらも「神山町役場前」で下車くださいませ。

■お問い合わせ
 一般社団法人神山つなぐ公社 担当 作田
 お電話:050-2024-4700(平日8時30分-17時)

■紹介するプロジェクトや話し手のこと
 神山の創生戦略「まちを将来世代につなぐプロジェクト」について

 神山の農業をつなぐ「フードハブ・プロジェクト」について

白桃薫(フードハブ・プロジェクト農業長)
 「役場の若手職員が取り組む、新しい『農』と『食』のプロジェクト、『農業の側か   ら、町をずっと見ていた』」

赤尾苑香(神山つなぐ公社 すまいづくり担当)
 「鮎が川に帰るには?あたらしい集合住宅の話
 「家は、住む人たちと共に生きてふるさとの風景になる」

森山円香(神山つなぐ公社 ひとづくり担当)
「なんだろう?このまちの、前しか見てないエネルギーは」
高田友美(神山つなぐ公社)
「ここなら、経験してきたことをすべて生かせると思えた」

・まちを将来世代につなぐプロジェクトについての記事
 神山町の新たな動き!民間と行政がタッグを組んだ新プロジェクトとは!?

↓まちを将来世代につなぐプロジェクトの写真です。

「まちを将来世代につなぐプロジェクト」ワーキンググループ2の様子

城西高校・神山分校の高校生が高齢者のお宅に訪れ、お手伝いをする「孫の手プロジェクト」の様子

集合住宅プロジェクトの一環で行われた高校生との「どんぐりプロジェクト」の様子

集合住宅建設予定地の青雲寮の解体の様子

民家改修プロジェクトの調査

城西高校・神山分校の「神山創造学」 地域へ出かける授業出発前

城西高校・神山分校の「神山創造学」 地域へ出かける授業

フードハブプロジェクト「かま屋」

お申し込みフォームへ

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です