第10回「まちづくり賞」を受賞しました!

神山日記帳2018年11月26日

藤本 彩(イン神山編集部)

投稿者:藤本 彩(イン神山編集部)

いよいよ寒くなってまいりました。先日、打ち上げられた大久保の花火きれいでしたね。地域のみなさま、素敵な時間をありがとうございました。

さて、少し前からお伝えしたかったことがあります。2018年10月末に、日本建築士会連合会主催の全国大会が開催されました。徳島県建築士会からの推薦で、「第10回まちづくり賞の発表会&公開選考会」に赤尾苑香さん(神山つなぐ公社)が「集合住宅プロジェクト」の取り組みを応募し、一次選考を通過していました。

大埜地の集合住宅」は、神山に新しくできた集合住宅。同敷地に建っていた、耐震基準を満たしていない中学校の旧学生寮を解体し、その解体ガラを活用した基盤整備工事を実施。木造建築に腕を奮う大工さんをはじめ、町内のたくさんの職人さんが協働しています。高校生と一緒に山に入り地域の緑を使った植栽を行うなど、「まちのつくり手と一緒につくること・地域の資源をいかすこと」を大切にしてきた背景があります。

赤尾さんは、「地域の建築士として、自分の生まれたまちに関わっていたい」という思いから、立ちあげた建築設計事務所を休むかたちで神山つなぐ公社へ参画。すまいづくり担当として、役場担当者や設計者、施工者、住民をつなぎながら、プロジェクトのコーディネートをしています。

2018年10月25日(木)、関わるひとを代表し大会へ。第一期の住戸1棟を担当した大工・荒井さんも同じく大会に参加していました。役場職員の北山さんもプライベートで応援に駆けつけました。結果は、第10回「まちづくり賞」を受賞!! 「大賞は逃しましたー!でも、地方での取り組みを全国に紹介できて、よい機会になりました」と赤尾さん。「プロジェクトのいま」をしっかりと伝えてきてくれたと思います。3人の笑顔がいいですね◎ 遠征おつかれさまでした!

◎まちづくり賞とは?
公共社団法人・日本建築士会連合会が主催。賞の趣旨は、「建築士や建築士会としての専門性を発揮してその役割を果たしてきた活動を支援するとともに、他団体や地域との連携を強化した地域まちづくりのさらなる発展に資するため、優れたまちづくり活動等の実績を評価・表彰」。
 

わたしは、赤尾さんが中心になって毎月発行していた「集合住宅だより」のファンだったりします(神山に引っ越す前から)。関わるみなさんの思いが、集合住宅プロジェクトをまだ知らぬひとにも届いたんでないか。そんな思いから、今回の受賞もとびきり嬉しいです(藤本)。

・雛形/hinagata でインタビューシリーズ「かみやまの娘たち」連載中
赤尾さんの最新インタビューも掲載されています。ぜひご覧ください。神山の暮らしに寄り添う「まちの建築士」でありたい。

 

 

 

 

藤本 彩(イン神山編集部)

藤本 彩(イン神山編集部)

神山つなぐ公社・つたえる担当。「イン神山」編集部。好物は、かまパンのチョコローフ、スキーランドのアメゴ定食。 最近は石積みが気になっています。

藤本 彩(イン神山編集部)の他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください