原っぱ大学がやってきた!

住まい2018年4月6日

高田 友美

投稿者:高田 友美

3月末のある晴れた日、逗子から「原っぱ大学」の皆さんが神山にやってきました。総勢なんと20名!

「 30日は朝から「ヒマ」をたっぷり堪能しているので、畑作業などあれば、なんなりとお申し付けください。たのしんで働きます。」と事前に届いたメールを見て、喜び勇んでお願いしたのは、西分の家で去年伐採したまま放置していた枝葉の片付け(笑)

薪ストーブの燃料に使いたい枝もあるし、茶色くなった葉が積み上がったままなのは景観的に気になる。片付けたいけど、手が足りない。それに原っぱ大学の皆さんと、西分の裏山を巡ったら何か楽しいことが起こりそう! いろんな想いをこめて、返信したら、本当に来てくれました。

というわけで、前置きが長くなりましたが、当日の様子を、原っぱ大学の専属フォトグラファー・ミポさんが撮ってくれた写真とともにお届けします。
 

こちらがガクチョーの塚越さん。作業するのも遊ぶのも真っ先に動く方。しかも、とても楽しそうに。

家の横の斜面に積まれたままだった大量の枝葉 をバケツリレーでおろしてきて…

庭の広いスペースに運び…

堆肥用に葉っぱを積み上げ つつ、薪として使えそうな太い枝をより分けていきます。枝葉が大量にありすぎて、作業はエンドレス・・・(*_*)

西分の家に設置した生ゴミコンポスト「キエーロ」を見て、「もっと土を入れないと分解しないよ」と教えてくれるキエーロの達人も多数。逗子・鎌倉・葉山あたりでは行政が推奨していたりと、普及率が高いそうです。大埜地の集合住宅でも使ってくれるといいね、と設計チームとも話していたので、私も興味津々。

1時間くらい、ものすごい働きっぷりで片付けてもらった後は、西分の家に入って、ちょっと休憩。

お昼までだから、と作業を続けてくれている人たちを横目に見つつ、一部の皆さんと裏山への探検に出発!ゾロゾロぞろぞろ…

裏山に続く石段を上り、ケモノ道を抜けたら …「あ、川が見えた」と突然、杉山の斜面を下り始めた男子たち(ガクチョーを含む)(笑)

私が小川に降りていった頃には、男子たちはこの写真のもっと奥の見えないところまで進んでいて、歓声だけが響いてきました

後日、ガクチョーさんから、こんなメールが届きました。
「西分の家の周辺の地形をグーグルマップでのぞいていたら、あの沢の先に山の中の集落があることが見つかりました。あの細い沢は集落に向かう谷筋を通っているみたい。源流を求めて、弁当をもってあの沢筋を探検したら絶対楽しいと思いました。次回、子どもらと探検に出かけたいなぁ。」

私も一緒に行きたい!絶対、楽しそう~!

 

というわけで、わざわざ神山に来て、山作業を手伝ってくれた原っぱ大学の皆さん、本当にありがとうございました。次はぜひ、神山の親子も誘って、一緒に遊びましょう~♪

高田 友美

高田 友美

静岡県浜松市出身。神戸→東京→スウェーデン→滋賀を経て、神山にたどり着きました。神山つなぐ公社では「コミュニティ・アニメーター」として、主に大埜地の集合住宅から始まるコミュニティ育成を担当。

高田 友美の他の記事をみる

コメント一覧

  • 谷筋をたどってゆけば、どこだ 鬼籠野 長又(ちょうまた)集落か? だいぶ距離はありそう。 鬼籠野生まれだけど、よくわかりません。

    2018年4月14日 01:36 | ニコライ

  • ニコライさん、コメントありがとうございます。ニコライさんも小さい頃、この小川で遊んだり探検したりしていたのでしょうか!?

    2018年4月15日 20:44 | 高田

  • 私は神山町の「銀座」育ちですので、 このようなへんぴなところへ行ったことはございません。 し・・し・・失礼しました。

    2018年4月20日 22:56 | ニコライ

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください