モノストック、第4回オープンデー開催しました!

住まい2020年10月7日

移住支援センター

投稿者:移住支援センター

「モノストック」、第4回目のオープンデーを開催しました。

空き家から出てきた、まだ使えそうなモノを町民の皆さんに見てもらい、必要なモノがあれば持ち帰ってもらう機会です。

空き家の利活用から派生した神山町移住交流支援センターの新たな取り組みです。

<<モノストックの紹介記事はこちら>>
空き家から出るモノで暮らしを豊かに!
https://www.in-kamiyama.jp/diary/47238/


10月を目の前にし、燃えたぎる竈のような真夏の倉庫から一転、
気温のちょうどよい心地いいオープンデーでした。おそらく今までで一番の来場者数。
 

では、写真多め、当日の様子をどうぞ!


オープンと同時に来てくださった広野に移住されたご家族。お母さんが倉庫を見ている間、お子さんたちが暇そうにしてたのでペンを渡してみました。

↓↓↓

↓↓↓

ボードいっぱいに描いてくれました!
するすると描きたいものを描く子どもたちの感性いいですね。真剣です!


いつも素敵な古道具を持ち帰られる、曲げわっぱ作家の近藤奈央さん。
のぶたか先生と「古い鉄瓶」を吟味されています。
サビを落として復活させてくれるそうです!


最近、上分の方で入居が決まった宮城愛さん。海外から神山に戻って来られました!
新しい住まいで使う炭を選んでいます。


常連のKAIR御一行さま。なかなか珍しい?ピース写真。

10/24(土)から始まる【KAIR2020作品展覧会】で作品を展示するアーティストの阿部さやかさんが、作品の材料として色々持ち帰られました。
どんな作品ができあがるか楽しみです♪

これも欲しいと表現する糸井エリ様(gif)。


これはこれは初来場の粟飯原国子さま。
この大きな火鉢でメダカを飼うそうです!

国子さまによる【唐竿(からさお)】の実演(gif)
ダイナミックです。
むしろの上に広げられた穀物などを、これを振り回して叩くことで脱穀する伝統的手法とのことです。
教えてもらわないと分からないので非常にありがたいです。


何やら珍しい古道具にぞろぞろと集まります。
話を聞いていると、昔の【綿繰り機(わたくりき)】だったみたいです。
実綿をローラーの間に通し、種子と繊維に分離させる機械です。


こちらは阿川で中国茶をやられている杉香庵(さんこうあん)、石田さん。
手に持っているモノ、何の道具か分からなかったのですが、生け花の【水盤】とのこと!
鮎喰川でゲットした翡翠(ひすい)を磨くために使用されるそうです。


いつもありがとうございます♪


倉庫からすぐ近くにお住まいの方も内覧に来てくれました。
のぶたか先生が案内してくれています!


こちらは、大埜地の集合住宅の設計をされている吉田さん。
繭や卵・貨幣などの重さを量る小さな秤(はかり)を試しています。
名前は【杠秤(ちぎ)】。
昔は「貫(かん)=3.75キロ」 、「匁(もんめ)=3.75グラム」という単位で量っていたそうです!


モノストック常連、上分にお住まいの小坂田さんbaby!
以前のオープンデーで持ち帰った木材がとても役立っていると嬉しい報告をくれました!


粟飯原 康史さん・国子さんのゲット品をみんなで協力して軽トラに積み込みます(笑)


また倉庫周辺の草刈りもしてくださいました!

積み終わったあとは一服。

 

おまけ(1)
犬がオープンデー初来場。

おまけ(2)
ゲットにニヤリの糸井エリ様(gif)
【わらいずみ】
電気のない時代、そのおひつを更に保温し、ご飯を美味しくしていた古道具だそうです。お鮨屋さんや老舗の料亭さんなどでは今でも活躍しています。
『わらいずみ』を作る職人さんも高齢化しており、非常に少なくなっているそうです。

(※↑掲載許可いただいております)

 

「前のオープンデーでもらったモノが役立ってるよー」と報告をくれるのは嬉しいですね。


今回もありがたくご寄付を頂きました。運営費として大切に使わせていただきます。ありがとうございます!

次回のオープンデーは10月24日(土)9:00~12:00を予定しています!
初の休日開催です。ご来場お待ちしております!

【過去記事一覧】 
・モノストック概要記事
https://www.in-kamiyama.jp/diary/47238/
・倉庫運用に対する思いなど(ほぼ月報)↓
https://www.in-kamiyama.jp/care/monthy/48007/
↓第1回オープンデー(2020/06/24)の様子↓
https://www.in-kamiyama.jp/diary/48701/
↓第2回オープンデー(2020/07/29)の様子↓
https://www.in-kamiyama.jp/diary/49291/
↓第3回オープンデー(2020/08/25)の様子↓
https://www.in-kamiyama.jp/diary/49893/

移住支援センター

移住支援センター

物件紹介から交渉、契約、地域への順応支援にいたるトータルサービスを提供。 「こんなところに住みたい」という移住希望者の要望と、「こんな人に来てほしい」という所有者や地域住民の仲介役を果たします。 「これがダメなら、あれはどう?」というような不動産屋さん的な対応はしません。 最適で、最善の組み合わせを実現するため、一件一件に時間をかけます。 家探しには忍耐が必要です。その忍耐力をお持ちかどうかも、マッチングの大きな要素となります。

移住支援センターの他の記事をみる

コメント一覧

  • 現在、コメントはございません。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * 欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください